ネイルチップの需要はあるの?

ジェルネイルのおかげで、ネイルの対する興味を持つ女性も増え、それまでネイルをしていなかった人もするように。一方で、ネイルチップの需要やニーズは、今どのぐらいなのか気になるところです。

ネイルチップの需要はある?

【イットネイル】最近は、ネイルといえばジェルネイルというほど、ジェルネイルが一般的に浸透しました。ジェルネイルは密着も持ちもよいので、可愛くてケアが楽なのが人気の理由です。

そのおかげで、ネイルの対する興味を持つ女性も増え、それまでネイルをしていなかった人もするように。

一方で、ネイルチップの需要やニーズは、今どのぐらいなのか気になるところです。

ネイルチップの人気も健在

ジェルネイルがかなり浸透したものの、ネイルチップの人気もまだまだ健在です。

ネイルをしたくても、仕事や学校の都合でネイルができない人にとっては、ネイルチップは1日だけでもネイルを楽しめる救世主。料理やパソコン作業をする人には特に人気です。

ネイルチップのメリットは、爪を傷めず気分によって毎日付けかえられること。また、チップはずっと取っておくことができます。

またジェルやスカルプは値段も高く、サロンに足を運ばなければなりませんが、チップなら通販で購入することも可能。値段も手ごろなものがたくさんあります。

特別な日のチップはサロンでオーダーも

ブライダルなど、特別な日のチップは、あえてサロンでオーダーする人もいます。

市販のチップに比べて、デザインの技術も高く、自分の爪の大きさやカーブに合わせて作ってもらえるので、はがれにくくなります。

チップにすれば、ずっと大切に保管できるのも嬉しいですね。

ネイルの練習にはネイルチップは必須

ネイルの練習にはネイルチップは必須です。最近は100円ショップでも購入可能で、安く大量に手に入るようになりました。

100円ショップのネイルチップは、大きさ・形・色など種類もかなり増えました。かんたんなデザイン済みのものもあります。チップ以外にも、ネイルで使えるグッズがたくさんあるので、のぞいてみてください。

取れにくい接着剤を活用しよう

ネイルチップといえば、はがれやすいデメリットがあります。

以前は接着剤は両面テープが主流でしたが、最近は、何度も使えるワンタッチネイルや、入れ歯安定剤が人気です。

入れ歯安定剤は、接着力が強くすき間ができません。はがすのもかんたんで爪も傷めないので、ぜひ試してみてください。

ネイルチップがはがれやすい場合は、ネイルの幅やカーブの調整をしましょう。特に、カーブが合わずに自爪とチップの間にすき間ができてしまうと、はがれやすくなります。

チップをお湯やドライヤーで温めてから、指でピンチをすると調整できます。

また、チップは毎日取り外して。つけっぱなしにすると、グリーンネイルなどのリスクがあるので、チップは毎日取り換えるものとしましょう。

Itnail編集部

元記事を読む
提供元: Itnailの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。