「こびている」と思われてしまう理由って?

出典:

画像提供/セキララ★ゼクシィ

undefined

先日参加した合コンで、友人A子が憤慨していました。A子はとても気配りができる子で、合コンの席でも食べ物を取り分けたり、みんなの話に相づちを打っては場を盛り上げていたのに、それを見ていた酔っぱらい男子から「そんなに男にこびなくてもいいよ」と言われたそうなのです!なんだと~!私まで腹立つ!

でももしかしたら、男子から見ると、女性らしい気配りが“こび”と受け取られてしまうことがあるのかも…。

そこで20~30代の男性に、「女性に対して、『この子、男にこびてるな~』と感じたことはある?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は28%。どんなときに、そう感じたの?

大げさな褒めやリアクションが「こびている」!?

●「どう考えても大げさな感想を連発してくる」(32歳)

●「やたらと自分は料理ができるとアピールされた」(27歳)

●「たいしたことない話を大げさに褒めてくれたりしたとき」(28歳)

●「分かりもしないのに、こちらに話を合わせてきているとき」(39歳)

●「語尾を伸ばして甘えたようなブリブリしたしゃべり方。距離感がやたら近い」(33歳)

う~ん。ブリブリな話し方とか、距離の近さなどは「こびている」と思われても納得できますが、褒めたり、リアクションを取ったりするのは会話を盛り上げるための気配りだと思うのですが…なぜ「こびている」と受け取られてしまうの!?恋愛エッセイストで男性心理に詳しい潮凪洋介さん、教えてください!

褒めた相手ではなく、周囲に「こびている」と思われてしまう!

「男性への間違った気遣いは、こびと受け取られます。例えば、面白くない話なのに笑ってあげる、大してすごくもないのに『すごい!』と褒める…など。褒められた当人は気持ちいいかもしれませんが、見ている周りの男性は『こびている』と感じてしまうのです」

なんと!気配りをした相手ではなく、その周りの男子に「こびている」とジャッジされてしまうのですね!それはコワイ…。

つまらない話には、突っ込んだ方が好印象!?

でも、面白くない話に笑ってあげるなんて、合コンなどでは大いにありますよね(汗)。

「話がつまらない男を褒めて勘違いさせる方が、逆に失礼ですよ。つまらないときは、『今の話、面白くないよ~!自慢話でしょ!』などと笑いながら突っ込んだ方が、当人も周りも好感を持ちます。そもそも、その場にいる男性全員に気に入られる必要はありませんよね?話が合う男性とだけ仲良くなればいいはず。何でもかんでも褒めたり、話を合わせてあげるのは逆効果だと認識しましょう」

確かに、合コンでつまらない話をする男子となんて、その場だけのお付き合いですものね(苦笑)。「こびている」と思われなくて済むし、自然体で会話を楽しむのがベストだと心得ましょう♪

【取材協力】

潮凪洋介さん

恋愛文化の活性化を目指し、TV、雑誌、Web、全国講演、トークショー、パーティプロデュースなど幅広いメディアで活躍するエッセイスト。『彼の本音が手に取るようにわかる本』(PHP文庫)、『新しい「男」のルール』(フォレスト出版)など著書多数。忙しい男女のためのチョイカフェお見合い&デート活性化支援「Cafe30min」をプロデュースするほか、エッセイスト養成塾「潮凪道場」を運営。

【データ出典】

女性に対するアンケート 2015/8/7~8/9実施

(インターネットによる20~30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

元記事を読む
提供元: セキララ☆ゼクシィの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。