1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「”傷つけあう“のではなく、”目標に向かう“アクション」広瀬アリスと宮野真守が語る『バブル』の魅力

「”傷つけあう“のではなく、”目標に向かう“アクション」広瀬アリスと宮野真守が語る『バブル』の魅力

  • 2022.5.12
  • 450 views
「”傷つけあう“のではなく、”目標に向かう“アクション」広瀬アリスと宮野真守が語る『バブル』の魅力
(C)2022「バブル」製作委員会

アトラクションに乗っているかのような高揚感のあるパルクール・シーン

重力が壊れた東京で少年と少女の思いが引かれ合うグラビティ・アクション・ラブストーリー『バブル』が、5月13日より全国公開される。この度、広瀬アリス、宮野真守のインタビューを含む“Making of バブル”スペシャル映像が公開された。

監督・荒木哲郎が川村元気プロデューサーとタッグを組み、脚本・虚淵玄、キャラクターデザイン原案・小畑健、音楽・澤野弘之ら豪華スタッフとともに作り上げたアニメ『バブル』。声優陣は主人公・ヒビキ役に志尊淳、バブルを調査する科学者・マコト役に広瀬アリス。また、荒木監督作品で重要なキャラクターを担当してきた宮野真守、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、井上麻里奈、三木眞一郎ら実力派声優が脇を固める。

本作品の物語の重要なカギを握るヒロイン・ウタに命を吹き込むのは、Z世代から圧倒的な支持を集めるシンガーソングライターのりりあ。アーティストとして本作品のエンディングテーマ(主題歌)「じゃあね、またね。」も書き下ろしており、声と歌で本作品の世界観を華やかに彩る。

この度、本作品の誕生秘話をスタッフ・キャストのインタビュー、メイキング映像を交えて紐解く、“Making of バブル”が5週連続で解禁されている。その最終回となる第5弾は、声優として参加した広瀬アリス、宮野真守のインタビュー映像を収録した『キャスト編2』。さらに幻想的で美しい世界をバブルで彩るイメージボード資料も公開された。

志尊淳演じる主人公ヒビキとりりあ。が演じるウタ。彼らを取り巻くパルクーチーム“ブルーブレイズ”のお姉さん的立ち位置であり、バブルを調査する科学者・マコトを演じる広瀬アリスは、「パルクールのシーンも臨場感たっぷりでアトラクションに乗っているかのような高揚感があり、ヒビキとウタのシーンにはキュンと胸をつかまれました」と語る。

さらに声優陣の名前を最初に見た時の印象に関しては、「こんな素晴らしい皆さんのところに、自分の名前があるなんて職権乱用していると思いました(笑)」とアニメ好きの広瀬らしい喜びを明かした。

ヒビキなどの少年少女たちの頼れる兄貴的存在・シンを演じた宮野真守は、「荒木監督の初監督作品である『DEATH NOTE』でご一緒させていただき、監督は僕にとって“特別な人“です。その時から、作品にそそぐ愛情の大きさが非常に大きくて、誰よりも監督がキャラクターの一番の味方になってくれるんです」と監督への思いを語る。

見どころに関しては、「今回チャレンジとなる『バブル』のアクションシーンは”傷つけあう“のではなく、”目標に向かう“アクションというのが、非常にポジティブで気持ちいいなと感じました。また、作品の色使いというのも、キャラクターの心情に寄り添っているのを感じました。ヒビキとウタのボーイミーツガールのトキメキを表現していて、”なんて爽やかなんだろう“と思いました」と語っている。

『バブル』は5月13日より全国公開される。

元記事で読む
の記事をもっとみる