1. トップ
  2. 恋愛
  3. セレーナ・ゴメス、ヘイリー・ビーバーを“馬鹿にした”と非難され「悪意はまったくない」と謝罪

セレーナ・ゴメス、ヘイリー・ビーバーを“馬鹿にした”と非難され「悪意はまったくない」と謝罪

  • 2022.5.12
  • 6020 views

TikTokにアップした動画をめぐって、一部の人たちから“ヘイリー・ビーバーを馬鹿にした”と非難されたセレーナ・ゴメスが「悪意はまったくなかった」と謝罪した。(フロントロウ編集部)

※この記事にはTikTok動画が含まれます。動画が再生されない場合はフロントロウのオリジナルサイトでお楽しみください。

セレーナ・ゴメスがヘイリー・ビーバーのファンから非難される

シンガーや俳優として活躍するセレーナ・ゴメスがモデルのヘイリー・ビーバーと彼女のファンに謝罪する出来事があった。ご存じの方も多いと思うが、セレーナはシンガーのジャスティン・ビーバーの元恋人で、ヘイリーはジャスティンの妻であることから、今もなお2人の対立をあおる動きがあり、今回も2人がTikTokにアップした動画をめぐって一部のヘイリーファンが「セレーナがヘイリーを馬鹿にした」と騒ぐ事態に。

きっかけとなったのは、ヘイリーがTikTokに投稿したメイク動画。

ヘイリーが上の動画をアップしてからほどなくして、セレーナが同様の動画をTikTokで公開したことから、ヘイリーに対抗して動画をアップしたのでは?とあらぬ疑いをかけられることに。

コスメブランドのレア・ビューティー(Rare Beaty)をプロデュースするセレーナに対し、ヘイリーも年内に自身のビューティーブランドを立ち上げることをを計画するなど、2人ともビューティー業界に関わりが深いことで知られる。そんな2人が、日々のメイクやスキンケアを紹介する動画をSNSに投稿するのはごく自然で、今回はたまたま動画をあげるタイミングがかぶってしまっただけのこと。

しかし、言いがかりとはいえ、自分の行動が非難されていることを知ったセレーナは、動画のコメント欄で「だから私は、自分の心の健康を守ることが大切だと考えてる。みんな、私が何をしたのかわからないけど、本当にごめんね。悪意はまったくない」と謝罪。「(動画は)もうすぐ削除する」とした。

ちなみに、本人たちとは無関係のところで起きる騒動にセレーナもヘイリーもうんざりしていると言われており、今年4月には、一部のセレーナファンからいまだにネット上で執拗な攻撃を受けるヘイリーが、TikTokを通じて、「私は仕事に専念してる。何もしないし、何も言わない。お願いだから、ほっといて。もう十分な時間が経ったんだから、もう私にかまう必要はないでしょ。お願い。本当に。これが私の唯一の願い」とメッセージを発信している。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる