あなたのまつ毛枯れてない? 育てて増やすがポイント! まつ毛の正しいケア方法

マスカラを塗ってはリムーバーで落とす。まぶたに粘着液を塗ってつけまつ毛をつける。――そんなことを繰りかえしているうちに、まつ毛にハリやコシ・ツヤがなくなっている。そんなお悩みありませんか?

そこで、今回はまつ毛を育てて増やす効果が期待できる正しいケア方法をご紹介したいと思います。

1. クレンジングの際はゴシゴシこすらない

繊細なまつ毛を作るウォータープルーフのマスカラ。愛用者も多いことでしょう。しかし、ウォータープルーフのマスカラはクレンジングの際に注意が必要。ゴシゴシ擦るとまつ毛やその根元を傷めるおそれがあります。下記のことに注意しましょう。

1) 洗浄力の高すぎないマイルドな使用感の専用リムーバーを使用すること

2) コットンにたっぷりとリムーバーをしみ込ませたものをまつ毛に数秒あて、力を入れずにスルンと拭うように落とす

このほか、いつもウォータープルーフのマスカラを使うのではなく、お湯で落とせるマスカラと併用することをおすすめします。

2. まつ毛にも休日を作る

毎日マスカラやビューラー・エクステ・つけまつ毛などでまつ毛を酷使していては、まつ毛やその根元を傷める原因になります。そこで、週に1度程度まつ毛になにもしない、いわゆる「まつ毛の休日」をもうけることも大切です。

3. 目のまわりの血行を促進させる

健康的なまつ毛を育てるためには日ごろから目のまわりの血液の流れをよくする必要があります。目を温める、目のまわりのツボを刺激するといったことも有効ですが、目を酷使しないよう日ごろから心掛けることも大切。PC作業などが多く目を酷使する機会が多い人は、小まめにブレイクタイムを作り目を休める時間をもうける、目薬をさすなど心掛けましょう。

4. まつ毛美容液を使用する

このほか、まつ毛に直接美容成分を与えることも健やかなまつ毛を作り、その量を増やすことに繋がる可能性があります。ただし、まつ毛美容液を選ぶ際は慎重に検討する必要があるようです。デリケートな部分に使用するため、できるだけナチュラルな成分で作られたものを使用するとよいでしょう。また、塗りやすい形状のもの(筆ペンタイプなど)を使用することも大切です。

いかがでしたでしょうか。まつ毛の伸びる期間は意外に早く38日程度であるといわれています。つまり、前述のようなケアを心掛けることで比較的早期に効果を実感できる可能性があるといえます。まつ毛は育てて増やすがポイントと心得、今日からまつ毛ケアをはじめられてはいかがでしょうか。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。