1. トップ
  2. インテリア
  3. 気鋭デザイナー×川連漆器の新作照明が蔦屋家電に登場!

気鋭デザイナー×川連漆器の新作照明が蔦屋家電に登場!

  • 2022.5.10
  • 1437 views

世界を舞台に活躍するデザインエンジニア、吉本英樹。秋田県湯沢市で800年の歴史を持つ伝統工芸、川連漆器とタッグを組み、新作フロアライト「ARC」が完成した。艶やかな漆の美しさを存分に生かした、この斬新なプロダクトが二子玉川の蔦屋家電にて展示される。

01_kawatsura_japan_220509.jpeg
デザイン・エンジニアリング・スタジオ「TANGENT」を主宰する吉本英樹。フロアライト「ARC」は黒と赤、そして黒に蒔絵を施したものの3種を制作した。

特徴的な優美な曲線は、日本の弓がモチーフとなっている。かつて弓などの武具に漆を塗るところから始まった、川連漆器の歴史へのオマージュを込めたという。これまでにも川連漆器とコラボレーションし、信頼関係を築いてきた吉本ならではの、伝統をモダンデザインへと昇華させた「ARC」は必見だ。

また、会期中には日常に寄り添う川連漆器の多彩なうつわも展示販売される。天然素材を用いて、すべて手作業でつくられた、SDGsの観点からも注目を集める川連漆器。その伝統と革新に触れることのできる、またとない機会をぜひお見逃しなく!

03_kawatsura_japan_220509.jpeg
ツヤを抑えた、やや大ぶりサイズの鉄鉢椀(各¥7.920)。毎日の味噌汁や具沢山の汁物、麺類など幅広く使えるのが魅力。
04_kawatsura_japan_220509.jpeg
カラフルな色漆を使ったスプーン。口当たりのよさは格別! スープスプーン(写真上5本)各¥2,530、コーヒースプーン(同下2本)各¥1,650*写真はイメージです。実際に展示販売される商品とは異なる場合がございます。
02_kawatsura_japan_220509.jpeg
川連漆器では天然漆のみを使用。熟練の職人によって、塗って乾かしては研ぐプロセスを繰り返すことで滑らかな仕上がりに。

川連漆器×吉本英樹 新作フロアライト「ARC」展示販売会期:2022年5月13日(金)〜19日(木)会場:蔦屋家電 2F E-room東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズ S.C.テラスマーケットTel: 03-5491-8550営)9:30〜21:00https://store.tsite.jp/futakotamagawa/

吉本英樹Hideki Yoshimotoデザインエンジニア。1985年和歌山県生まれ。東京大学航空宇宙工学専攻修士課程修了後、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて博士号を取得。2013年に「レクサス デザイン アワード」を受賞、2015年にロンドンにてデザイン・エンジニアリング・スタジオ「TANGENT」を設立。2020年より東京大学先端科学技術研究センター特任准教授に就任、工学とデザインの融合分野で国際的に活躍する。www.tngnt.uk

元記事で読む
の記事をもっとみる