1. トップ
  2. SKE48、約6年のロングランとなったチームS『重ねた足跡』公演が千秋楽 松本慈子「この公演でたくさんの先輩の背中を見てきました!」

SKE48、約6年のロングランとなったチームS『重ねた足跡』公演が千秋楽 松本慈子「この公演でたくさんの先輩の背中を見てきました!」

  • 2022.5.8
  • 262 views
5月7日SKE48 チームS「重ねた足跡」公演(夜)出演メンバー (C)2022 Zest, Inc.
5月7日SKE48 チームS「重ねた足跡」公演(夜)出演メンバー (C)2022 Zest, Inc.

【写真を見る】2016年の初日公演に出演していた松本慈子と都築里佳

5月7日、SKE48 チームSが名古屋・栄のSKE48劇場で「重ねた足跡」公演の千秋楽を開催。2016年6月14日に初披露されて以来、ユニット曲をリニューアルしたりしながら約6年間上演されてきた同公演は、これまでのSKE48の劇場公演の中で一番長く上演された公演となった。

2016年の初日に出演していた現メンバーは、今はリーダーの松本慈子、副リーダーの上村亜柚香、4期生の都築里佳の3人のみに。この日は昼夜2公演、それぞれ12人のメンバーが出演し、ユニット曲のないセットリストで上演は行われた。

公演中のMCでは、上村が「この公演の初日でユニット曲の『愛のルール』でバナナを使っていたずらをする幼稚園児役をやっていた、当時12歳だった私も18歳になって、今では副リーダーもやらせてもらっています」と時の流れをしみじみと語ると、9期生の中坂美祐も「3回もファンとして観に来た公演の千秋楽に出てるってすごいことですよね!」と話し、会場を盛り上げた。

また、この日の夜公演では新型コロナウイルス感染による療養から井上瑠夏が復帰。「メンバーに会えて、ファンの方の顔を見たら安心しました。千秋楽に出られてうれしいです。偉大な先輩がたくさん大きな足跡を残してくれた公演なので、私も足跡を残していきたいです」と涙ぐみながらあいさつした。

SKE48 チームSは5月28日(土)に新公演「愛を君に、愛を僕に」の初日公演を開催予定。同公演の楽曲を収録したアルバムは6月8日(水)に発売される。

5月7日SKE48 チームS「重ねた足跡」公演(夜) (C)2022 Zest, Inc.
5月7日SKE48 チームS「重ねた足跡」公演(夜) (C)2022 Zest, Inc.

チームSリーダー・松本慈子 コメント

ダンスメドレーでの息切れも、「チームS推し」でみんなとふざけ合うことも、「僕は知っている」で歌詞の意味に感動し、ジーンとすることもなくなるのかと思うと、約6年間という長い期間やってきた「重ねた足跡」公演が、もう千秋楽なのかと寂しさがあります。

公演が始まった当初はチームの中で2番目に後輩だった私も気付いたら周りには後輩が増え、時の流れの早さを感じています。1曲目の「Gonna Jump」では毎回センターが変わる演出、ダンス曲メドレーでは約10分間ノンストップで踊り続ける演出、「オキドキ」から「パレオはエメラルド」「不器用太陽」の流れはSKE48を代表する楽曲を披露し、劇場公演に初めて来た人でもSKE48の歴史を知ることができるというコンセプトで作られた演目でした。衣装もキラキラしたものや華やかなものが多くて、とてもうれしかったことを今でも覚えています。

この公演でたくさんの先輩の背中を見てきました! 今までのチームSらしさも継承しつつ、チームSオリジナル新公演である「愛を君に、愛を僕に」公演では、見たことのない新たなチームSの姿を見せるので絶対に楽しみにしていてください! 約6年間、「重ねた足跡」公演で共に思い出を重ねてくださり、ありがとうございました!

元記事で読む
の記事をもっとみる