1. トップ
  2. ネコも集まる我が家の癒しスポット! 寝室の収納事例/スキマをうめる収納ルール

ネコも集まる我が家の癒しスポット! 寝室の収納事例/スキマをうめる収納ルール

  • 2022.5.7
  • 8771 views
イケアのボックスは軽くて持ち上げもラク (C)森の家/KADOKAWA
イケアのボックスは軽くて持ち上げもラク (C)森の家/KADOKAWA

チャンネル登録者数30万人を超す人気収納系YouTuber「森の家」さんが大事にしているのは、「浮かす」「立てる」「隠す」「なじませる」の収納4大ルール。これを実践すれば、視界からモノが驚くほど簡単に消えるんだとか!

「すぐ部屋が散らかってしまう」

「どこから始めていいかわからない」

「どうせなら部屋をおしゃれにも見せたい」

「ネコと快適に暮らしたい」

収納についてこんな悩みを持つ人にぴったりの、一軒家はもちろん、マンションやアパートにお住まいの方にも使えるルールとテクニックをご紹介します。

※本記事は森の家著の書籍『スキマをうめる収納ルール』から一部抜粋・編集しました

夜はネコもみんな集まる 森の家の癒しスポット 寝室

夜はネコもみんな集まる森の家の癒しスポット (C)森の家/KADOKAWA
夜はネコもみんな集まる森の家の癒しスポット (C)森の家/KADOKAWA

寝室には、ウォークインタイプの大きめな収納スペースがあります。しかし、ほかの部屋と同じように、基本的に寝室で使うモノだけを収めているので、寝具のストック類や掃除アイテムなど、荷物は少なめ。せっかく余裕があるので、ずっとやってみたかった壁面収納をクローゼットに導入しています。置いておきたいモノのサイズに合わせて、棚板を調整したり、ワゴンなども活用。入れるモノが自立しにくい場合は、メッシュケースや引き出しも活用しながら整えていきました。ファブリック類など布系が多く、ネコの毛がつきやすいので、普段はクローズ。

寝室には、ネコたちもリラックスできるようにキャットタワーやウォーターボウル、おもちゃも置いています。

◆ Mori's COMMENT

わが家で一番日当たりが良いので、夜だけではなく、昼に本を読んだり、休憩しながらスマホを触ったりするときもここで。壁の色や照明は、ほかの部屋よりも少し個性的で、デザインを楽しめるようなアイテムを選びました。シンプルと、好きな世界観をバランス良く混ぜていると、メリハリが出せて、いつも心地よく過ごせます。

アクセントウォールが映える 白に囲まれた清潔な寝室

アクセントウォールが映える白に囲まれた清潔な寝室 (C)森の家/KADOKAWA
アクセントウォールが映える白に囲まれた清潔な寝室 (C)森の家/KADOKAWA

楽天市場でペンキと道具を購入し、壁紙をオリーブ色に塗り替え。ベッドは、脚付きマットレスも布団も無印良品。凹凸のある表面生地は通気性があり、薄手なので洗濯もしやすい。窓のロールスクリーンはイケア。

◆ベランダスリッパは浮かせて [浮かす]

ベランダ用のスリッパを外に出しっぱなしだと、濡れたり熱くなったりで履けないことも。窓にバーを接着してスリッパを浮かして収納。

ベランダスリッパは浮かせて (C)森の家/KADOKAWA
ベランダスリッパは浮かせて (C)森の家/KADOKAWA

◆スツールをベッドサイドテーブルに

キャビネットやテーブルほど場所を取らず、見た目もかわいいスツールをテーブル代わりに。少ししか置けないので散らかりにくい。

スツールをベッドサイドテーブルに (C)森の家/KADOKAWA
スツールをベッドサイドテーブルに (C)森の家/KADOKAWA

◆イケアの照明を壁付け

イケアのスポットライトはベッドの両サイドに壁付けし、夫婦それぞれが手元でオンオフを行う。コードがたるまないよう数ヶ所を固定。

イケアの照明を壁付け (C)森の家/KADOKAWA
イケアの照明を壁付け (C)森の家/KADOKAWA

◆寝室は電球色でリラックスモード

寝室では、ネコたちも一緒に寝るので、やはり極力モノは少なく。人が寝ている間にネコが暴れてもケガをしないように配慮。照明が部屋のアクセントに。

寝室は電球色でリラックスモード (C)森の家/KADOKAWA
寝室は電球色でリラックスモード (C)森の家/KADOKAWA

◆Cat Point

照明や布団乾燥機、掃除機などコンセントが多いので、配線はしっかりカバー。ネコが走り回って足を引っ掛けないよう気配り。

ネコが走り回って足を引っ掛けないよう気配り。 (C)森の家/KADOKAWA
ネコが走り回って足を引っ掛けないよう気配り。 (C)森の家/KADOKAWA

天井まである通気性の良いクローゼットを壁面収納に

天井まである通気性の良いクローゼットを壁面収納に (C)森の家/KADOKAWA
天井まである通気性の良いクローゼットを壁面収納に (C)森の家/KADOKAWA

寝室のクローゼットには、季節モノの寝具やカバーの替え、掃除グッズ、洗濯用品など2階寝室で使うアイテムを保管。イケアのBOAXELウォールシェルフをDIYで壁に取り付けると、空間をムダなく使えて収納力にも余裕が生まれた。

◆オープンシェルフは必ず閉じてホコリ対策

クローゼットの寝具類はネコが大好きなので、開けるとすぐ入ってきてしまう。普段はきちんと閉めてネコの毛やホコリの侵入を防止。

オープンシェルフは必ず閉じてホコリ対策 (C)森の家/KADOKAWA
オープンシェルフは必ず閉じてホコリ対策 (C)森の家/KADOKAWA

◆A イケアのボックスは軽くて持ち上げもラク

高い位置には、シーズンオフの寝具をイケアの布製収納ケースに入れて、立てて配置。軽いので持ち上げやすく、縦横2WAYで使える。

イケアのボックスは軽くて持ち上げもラク (C)森の家/KADOKAWA
イケアのボックスは軽くて持ち上げもラク (C)森の家/KADOKAWA
冬用毛布も入る (C)森の家/KADOKAWA
冬用毛布も入る (C)森の家/KADOKAWA

◆B 大きいアイテムは棚板に載せて

イケアのオープンシェルフには、棚板とメッシュバスケットを2つずつ使用。棚板には枕や布団乾燥器など大きなモノを収納。

大きいアイテムは棚板に載せて (C)森の家/KADOKAWA
大きいアイテムは棚板に載せて (C)森の家/KADOKAWA

◆C メッシュカゴは取りやすい高さに [立てる]

使用頻度が高い枕カバーや布団カバーなどは、取りやすい高さに固定したメッシュバスケットに見た目良く畳んで立てる。

メッシュカゴは取りやすい高さに (C)森の家/KADOKAWA
メッシュカゴは取りやすい高さに (C)森の家/KADOKAWA

◆D ネコ用のふわふわ寝具

3段引き出しの上段は、ネコのグッズ専用にしている。ホットカーペットやペット用ふわふわベッドなどの寝具中心。

ネコ用のふわふわ寝具 (C)森の家/KADOKAWA
ネコ用のふわふわ寝具 (C)森の家/KADOKAWA

◆E 布団収納袋は引き出しに

使用頻度低めの布製の布団収納袋は、ネコの毛がついたり、ホコリまみれになったりしないよう引き出しにしまっている。

布団収納袋は引き出しに (C)森の家/KADOKAWA
布団収納袋は引き出しに (C)森の家/KADOKAWA

◆F ペーパー類のストック

箱ティッシュとお掃除ワイパーのシートをストック。お掃除シートはドライもウェットも常備し、用途で使い分け。

ペーパー類のストック (C)森の家/KADOKAWA
ペーパー類のストック (C)森の家/KADOKAWA

◆G ワゴンは段ごとにルールを決めて

イケアの3段ワゴンは、キャスター付きなので重いモノを載せても移動できて、掃除もしやすい。寝室はネコの居場所でもあるので、ネコの毛対策の掃除道具はすぐ取れるようセッティング。

ワゴンは段ごとにルールを決めて (C)森の家/KADOKAWA
ワゴンは段ごとにルールを決めて (C)森の家/KADOKAWA

パッと取り出しやすい1段目には、カーペットクリーナーやお掃除ワイパーのシートなど、よく使う掃除道具を入れた。

パッと取り出しやすい1段目 (C)森の家/KADOKAWA
パッと取り出しやすい1段目 (C)森の家/KADOKAWA

布団バサミ、布団乾燥器のアタッチメントなどのよく使うアイテムをカテゴリー分け。ケースに入れて使いやすく。

よく使うアイテムをカテゴリー分けした2段目 (C)森の家/KADOKAWA
よく使うアイテムをカテゴリー分けした2段目 (C)森の家/KADOKAWA

重く、コードも長い布団掃除機は、しまい込むと出すのが億劫になるので、見える位置に。

しまい込むと出すのが億劫になる布団掃除機は3段目 (C)森の家/KADOKAWA
しまい込むと出すのが億劫になる布団掃除機は3段目 (C)森の家/KADOKAWA

著=森の家/『スキマをうめる収納ルール』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる