1. トップ
  2. レシピ
  3. コチュジャンが効いた香味みそでレタスが無限に食べられる「ゆで豚のレタス包み」の作り方

コチュジャンが効いた香味みそでレタスが無限に食べられる「ゆで豚のレタス包み」の作り方

  • 2022.5.7
  • 809 views

葉野菜が美味しい季節になりました。今回はレタスをたっぷりいただける見た目にも華やかな一品「ゆで豚レタス包み」をご紹介します。

ゆでた豚肉をレタスで包んでサッパリしているので、夏にもおすすめです。

・塩豚は多めに作って作り置きに

豚肉は「砂糖入りの塩水」に漬けることで柔らかな塩豚になります。お肉を多めに漬けておき、水気を切ってラップで包んで常備すると便利です。合わせみそは炒め物にも使えるので常備してもいいですね。

レタスの苦味は幅が広いのでお好みのタイプを選んでください。今回はほんのりとした苦味が特徴のサニーレタスを選びました。

苦味が少ないレタスにはルッコラや大葉、刻みネギなどがよく合いますので、葉野菜が旬の季節に楽しめます。

ゆで豚レタス包み

調理時間45分※調理時間に漬ける時間は含みません。

レシピ制作 保田美幸

<材料> 2名分

豚肩ロース(ブロック)250~300g

<調味料>

塩 小さじ2

砂糖 小さじ2

酒 大さじ1

<合わせみそ>

みそ 大さじ1

コチュジャン 大さじ1/2~1

ニンニク(すりおろし)少々

サニーレタス 1/2~1株

大葉 4~6枚

<準備>

・豚肩ロースは2~3等分に切り、<調味料>を溶かした水でヒタヒタに漬けて4~5時間置く。

・ボウルで<合わせみそ>の材料を混ぜておく。

・サニーレタスは食べやすい大きさにちぎって水に放ち、パリッとしたらザルに上げて水気を拭き取る。大葉は軸を切り取る。

<作り方>

1 鍋に湯を沸かして酒を入を入れ、豚肩ロースを入れる。再び煮たったら弱火にし、鍋に蓋をして30分ゆでる。水に放ち、粗熱を取る。

2 (1)をスライスし、<合わせみそ>、サニーレタス、大葉を盛り合わせる。

・余ったゆで豚をモヤシと和えてもう一品

今回はゆで豚が少し余ったのでモヤシと一緒に和え物にしました。

ゆでた豚肉はラップで包み、冷蔵庫で3日日持ちがします。炒め物の具や和え物に便利なので、たっぷりゆでておいても便利です。

(保田 美幸)

元記事で読む
の記事をもっとみる