“失敗眉”から学ぶ!“わたしの眉”の描き方

太眉、困り眉、平行眉…、トレンドに左右されやすい眉メイク。表情をあらわすパーツなので、「失敗」も多いのでは??
でも、そんな失敗も、生かせば成功のもと!今回は失敗あるあるから、自分に似合う眉に一歩近づきましょう!

【眉の失敗あるある】

① 剃りすぎたら、左右の高さが変わってしまったー!

トレンドの眉にしようと、眉を大胆に剃り、あとあと涙したことはありませんか?好きなように描ける一方で、「基準」がないと左右対称にしにくいもの。そんな方は、

1、左右の眉山にしたい部分に点をうつ(高さはこの時に合わせましょう!)
2、描きにくい方から全体を描く
3、大きな鏡で左右を見比べながら調整する

と一工夫をして生えそろうのを待ちましょう♪

② メイクをすると、近づきにくい印象になる…!?

そんな時は、描き出しの場所に注目です。あなたはどちらから描きますか?

1、眉頭から描く
2、眉山から描く

近づきにくい!というお悩みは、実は、「眉頭から描く」方に多いです。これは無意識に、何度も眉頭を触るのが原因。他の部分よりも濃くなり、目立ちます。そんな方は「眉山から描いて」みると違った自分に出会えることも!ぜひお試しくださいませ~!

③ もとの眉が平行すぎて角度がつけられない…!

骨格によって眉メイクで角度がつけにくい!という相談を意外に多くいただきます。皆さんはいかがでしょうか?そんな時におススメなのは、“眉頭の角度を下げる”こと。

眉尻だけ足すとこれだけしか角度がつけられない眉も…

眉頭をもとの位置の少し下から描くと、これだけ角度がついて見えます。

眉の形が変えられずにお悩みの方はぜひお試しくださいませ~!

④ もとの眉を生かしたいけどよくわからなくてそのまま!

トレンドはいくつもありますが、持って生まれた眉の形が素敵な方も大勢いらっしゃいます。少しバリエーションを増やしたい時には、眉の印象を「生かす」か「抑える」かで考えてみましょう!

【生かしたい時】
アイメイクに力を入れましょう!顔全体で見たときに、眉の強さと目元の強さを同じくらいにすると、お互いが生きてきますよ♪

【押さえたい時】
髪の色よりも明るい眉マスカラを使いましょう!その上でチークやリップに色味を加えると印象が変わってみえます♪

失敗も上手にリサイクルできればメイクも上達します!季節の変化と共に、新しいイメージを見つけていきましょう♪

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。