1. トップ
  2. 『ナンバMG5』森本慎太郎の良さが凝縮された大丸 ヤンキーたちの素直っぷりが切ない

『ナンバMG5』森本慎太郎の良さが凝縮された大丸 ヤンキーたちの素直っぷりが切ない

  • 2022.5.5
  • 111 views
『ナンバMG5』(c)フジテレビ

当たり前のように毎日を一緒に過ごす難破剛(間宮祥太朗)と伍代直樹(神尾楓珠)。『ナンバMG5』(フジテレビ系)の第3話でも、その仲良しっぷりは例外ではなく、剛が伍代と島崎登(春本ヒロ)を誘って釣りに出かけるところからスタートした。しかし、第3話全体を通してみると、ほのぼのとした気分だけでは見れない、ちょっぴり切ない展開も。本格的に登場した大丸大助(森本慎太郎)のキャラクターの魅力とともに紹介しよう。

ほのぼのと釣りを楽しもうとする剛に「大変! 緊急事態!」と連絡してきたのは、このドラマのヒロイン藤田深雪(森川葵)だった。好きな子からの連絡に急いで駆けつける剛。しかし、その緊急事態というのは夏休みの宿題を全くやっていないからノートを貸してくれというもの。これまでに「宿題をやっていないから貸してくれ」とお願いするヒロインなんていただろうか……。ヒロインといえば、高嶺の花というイメージを良い意味で凌駕してくる深雪。回を重ねるごとに愛おしさを増しているように思える。

そんな深雪に魅かれたのは、剛や視聴者だけではない。今回から本格的に登場した千鳥商業高校のヤンキー大丸大助も深雪に惚れた1人だった。子どもをケンカに巻き込んだヤンキーに対して謝罪を求めるどころか「このサル! ゴリラ!」と真っ直ぐ目を見て暴言を吐く深雪。そんな深雪を見て大丸は「惚れました! 僕と付き合ってください!」と真正面から告白。その直球っぷりは、見ていて清々しいものがあった。

さらに、そこに絡んでくるヤンキーには目もくれず、片手で吹き飛ばすどころか「俺、マジなんで!」と大丸。誰の目も気にすることなく「好き!」を真正面から伝える姿を見て「え、かわいい……」と思ってしまった人もいることだろう。アクロバットもできちゃう運動神経の良さが持ち味で、実はしっかりものであり、とにかく気遣いができるムードメーカーな森本慎太郎が演じるにはドンピシャな役だなとしみじみと感じた。

そんな大丸の尊いポイントが特に表現されていたのは公園で絵を描く剛に「お前、もしかして、藤田さんと同じ美術部か! いいな~チクショー!」と絡むシーンだろう。剛から「2回会っただけだよね? なんでそこまで……」と問われ、間髪なしで「一目惚れに理由なんてねぇよ!」と叫び「一発でヤラレちまったわ~」と照れくさそうに話すストレートっぷりは「こんな風に愛される深雪、幸せすぎる!」とキュンとさせられた。

しかも同じく深雪のことを好きな剛への態度も100点。同じ人を好きになったことを否定することなく「正々堂々やろうぜ?」と提案できる人は、なかなかいない。どこをとっても爽快で少年漫画の主人公のようだとつくづく感じた。

しかし、大丸が真っ直ぐであるがゆえに、剛と仲違いするシーンは切ないものがあった。剛がヤンキーであることを隠していることを「卑怯だ!」「大切な人を騙している」と指摘した大丸。視聴者としては大丸の言い分に納得する反面、剛の苦悩を見てきたからこそ「そんなこと言わないであげてほしい……」と思ってしまったのも本音だ。そして、大丸と剛、普通の高校生活を送りたい、ケンカなんて…と思っている部分でも近づけそうな2人がすれ違ってしまうのはシンプルに悲しい。実際、この言葉は剛自身にも影響を与えた様子。今後の動向からも目が離せない。

切ないシーンという意味では、伍代と彼の昔の仲間・真宮翔(神田穣)のやりとりにも触れておきたい。もともと中学時代は一緒にヤンキーをやっていた2人。しかし、彼らは高校に進学する前に仲違いしてしまう。その原因は、中学の先生から伍代の親はテレビに出るような有名な料理研究家であるのに対し、真宮の父親は人殺しであることを「親が親だからな」と言われたことにあった。自分の中では払拭し、気にしないようにしていたことを第三者からバイアスをかけて見られることはどんなに辛いことだろう。

この言葉をきっかけに伍代に対して「金持ちのくせにヤンキーやっててイラつく」と思ってしまうようになった真宮。その言葉を聞いて伍代が「悲しいこと言ってんじゃねぇよ! おめぇを笑った奴らに負けてんじゃねぇか」「俺はおめぇのことそういう目で見たこと一度足りともねぇんだよ」と叫び、頬を殴ったシーンはグッとくるものがあった。

さらに続けて、「俺はオメェのツレだ! ヤクザになんかさせるかよ」と伍代。この言葉、自分の居場所なんてない、環境が違ったら結局は分かり合えないと自暴自棄になっていた真宮にとってはどれだけ嬉しい言葉だったのだろう。

しっかりとコメディタッチでありながらキュンあり、感動ありの『ナンバMG5』。個人的にはもう少し彼らの仲良しっぷりを見たいところだが、来週以降は剛、伍代、大丸、そして彼らの高校で抗争勃発の予感! 早く彼らのすれ違いが終わることを願いつつ、迫力満点のケンカシーンを楽しみにしたい。

(於ありさ)

元記事で読む
の記事をもっとみる