1. トップ
  2. スキンケア
  3. 30代からの基礎化粧品の選び方!質の高いスキンケアを行って美肌を維持しよう!

30代からの基礎化粧品の選び方!質の高いスキンケアを行って美肌を維持しよう!

  • 2022.5.3
  • 1101 views

女性は30代を迎えると、今までのお手入れに物足りなさを感じることが増えます。それは、肌が年齢とともに変化し、10代20代の若いころとの肌とは状況が変わっているからです。

30代からは、基礎化粧品選びにもこだわり、質の高いスキンケアで美しさを維持していく必要があるのです。

そこで本記事では、30代からの基礎化粧品の選び方について解説します。

30代のスキンケアについて

30代のスキンケアについて
出典:byBirth

美しい肌を維持するには、スキンケアが大切です。とくに女性は30代を迎えると、10代20代とは肌状態が変わるため、本格的にお手入れを開始することをおすすめします。

ここでは、30代の肌の「特徴」と「必要な基礎化粧品」について解説します。

30代の肌の特徴

30代の肌の最大の特徴は、皮脂の分泌が減り、乾燥が気になり始めるということです。

肌が乾燥すると、かさつきや皮がめくれるなどの症状が起こり、メイクのりの悪さや崩れを感じます。また、外的刺激から肌を守るバリア機能が低下するため、紫外線、花粉、黄砂やPM2.5などの大気汚染物質の刺激をダイレクトに受けやすくなり、肌荒れや炎症などのトラブルが起こります。

さらに、外的ダメージを受けたまま適切に処置もせず放置してしまうと、さらに肌トラブルは悪化し、色素沈着、シミ、たるみ、シワなどのエイジングに拍車をかけてしまうのです。

30代の肌は、乾燥しやすくなることによって多くの肌トラブルを誘発してしまうリスクが非常に高いといえます。

30代の肌に必要な基礎化粧品

30代の肌に必要な基礎化粧品
出典:byBirth

30代を迎えたら、スキンケアをしっかりと行って乾燥を防ぎ、あらゆる肌トラブルを未然に防ぐ必要があります。

30代では、次の6つの基礎化粧品を使ってお手入れを行いましょう。

クレンジング料

メイクを落とすために必ず必要で、油性の汚れをしっかりと落として肌を清潔に保ってくれます。

ただし、30代からは乾燥しやすい肌になるため、洗浄力が強すぎると必要な皮脂や角質まで落としてしまうため、洗浄力と保湿力のバランスが取れたものを選ぶことが大切です。

洗顔料

汗、ほこり、残ったクレンジング剤など水溶性の汚れを落とすために必要です。ネットや手でしっかりと泡立て、泡を顔の上に転がすようにして洗顔します。

泡が汚れを吸着するため、キメの細かい弾力のある泡がつくれるものを選びましょう。

化粧水

肌にうるおいを与えてきめを整えてくれます。30代の肌は乾燥しやすいので、化粧水をたっぷりと使うことで、透明感のある柔らかい状態を維持できます。

塗布する際は、コットンを使う方法と手でつける方法と2通りあり、コットンづけをするほうが化粧水成分を肌全体にむらなく均一につけられる点でおすすめです。

乳液

水分と油分がバランスよく配合されており、化粧水の上から塗布することで、うるおいを与えながら水分蒸発を防ぐ役割があります。また、化粧水とクリームを乳化させて肌になじませる効果もあります。

クリーム

油分が多く、乳液の上から塗布することでうるおい成分を長時間持続させることができます。有効成分の配合量も多いため、美容効果が実感しやすいのも特徴です。

使用量が多すぎるとべたつきの原因になるため、小豆1粒大を目安に使うことをおすすめします。

美容液

基礎化粧品の中でも有効成分の配合量が多く、即効性があり効果を実感しやすいアイテムです。

30代からは代謝も下がり、肌トラブルからの回復も遅れがちになるため、美容液をお手入れに追加してスキンケア効果を高めるとよいでしょう。

30代の肌に最適な基礎化粧品の選び方

基礎化粧品の選び方
出典:byBirth

30代からは、基礎化粧品を選ぶ際もこだわりを持ち、質の高いものを選ぶことが大切です。ここでは、30代の肌に最適な基礎化粧品の選び方を3つ紹介します。

高保湿なものを選ぶ

30代の肌は皮脂の分泌が減って乾燥しやすいため、保湿力の高い基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

例えば、クレンジングについて、オイルタイプのものは洗浄力が強く爽快感がある反面、脱脂力が強く乾燥肌には向きません。クリームタイプやジェルタイプなど、中程度の洗浄力と保湿力が備わったものを選びましょう。

また、化粧水など保湿に使用する基礎化粧品では、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど高保湿成分配合のものを選ぶと、乾燥しにくい肌作りができます。

保湿美容液は、とくに保湿有効成分の配合量が多いため、しっとり柔らかいうるおい肌を実感できるでしょう。

肌トラブルに有効な美容成分配合のものを選ぶ

30代では、乾燥から派生する肌トラブルに悩まされることが多いため、保湿と併せて肌悩みに有効な美容成分が配合された基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

30代で悩みやすい肌トラブルと有効な成分の例は次の通りです。

エイジング、シワ

レチノール、コラーゲン、ナイアシンアミドなど

シミ

プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、アルブチンなど

ニキビ、肌荒れ

グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、トラネキサム酸など

上記で紹介したほかにも有効成分はあるので、化粧品を購入する際は、まず自分の肌トラブルに効く有効成分を理解しておき、成分表に記載があるかチェックしてみましょう。

安全で高品質なものを選ぶ

30代では、基礎化粧品の安全性や品質にこだわることが大切です。

バリア機能が低下しやすくデリケートな30代の肌は、刺激の強い化粧品を使うと肌荒れや炎症など思わぬ肌トラブルに巻き込まれることがしばしばあります。また、一度使っただけでは刺激にならなかったとしても、毎日続けて使うことで徐々に肌の免疫力が低下していく場合もあります。

30代からは、原料にこだわり安全性を追求してつくられた基礎化粧品を選ぶようにしましょう。化粧品を購入する前に、化粧品メーカーのポリシーや会社情報などを十分に確認し、信頼できるか判断する材料にすることをおすすめします。

可能であれば、現品を買う前にサンプルを取り寄せて、一定期間試してみましょう。

まとめ

30代の肌
出典:byBirth

30代の肌は、皮脂の分泌が減り乾燥しやすくなるのが特徴で、悪化するとシミ、シワ、たるみなどあらゆる肌トラブルを抱えるリスクがあります。

スキンケアに必要な基礎化粧品は、「クレンジング料」「洗顔料」「化粧水」「乳液」「クリーム」「美容液」の6つです。

30代から使用する基礎化粧品は、「高保湿」「肌トラブルに合った有効成分配合」「安全で高品質」なものを選ぶことをおすすめします。

30代を迎えたら、基礎化粧品選びにこだわり、質の高いスキンケアを行って美肌を維持していきましょう!

元記事で読む
の記事をもっとみる