1. トップ
  2. 車から猫の鳴き声が! JAFスタッフが確認した結果に「涙腺が…」「素晴らしい!」

車から猫の鳴き声が! JAFスタッフが確認した結果に「涙腺が…」「素晴らしい!」

  • 2022.5.2
  • 90692 views

千葉県成田市の市議会議員である星野慎太郎(@naritahoshino)さんは、ある日、友人からこういった連絡を受けました。

「車のボンネットから、猫の鳴き声が聞こえる」

既に5月になっているとはいえ、2022年の春は寒暖差が激しく、肌寒い日が続いています。

猫は暖かい場所を求めて、車のボンネットに侵入することも。そのため、世間では車に乗る前にボンネットを叩く『猫バンバン』を推奨しているのです。

「もしかすると、ボンネットに猫が入り込んでしまったのかもしれない」…そう思った星野さんと友人は、車に関するトラブル対応などを行う『日本自動車連盟(以下、JAF)』に連絡。

その後、速やかに駆け付けたJAFのスタッフは、ジャッキを使って車体を持ち上げ、下部のパネルを外しました。

すると、中から出てきたのはまだ目も開いていない状態の、とても小さな猫の赤ちゃん!

星野さんと友人、JAFのスタッフによる懸命な捜索活動の結果、1つの小さな命が救われたのです。

猫の母親は暖かい場所を求めると同時に、外敵から身を守るため、子猫をボンネットに連れ込んだのかもしれません。

もし救助活動を行わなかったら、生まれたばかりで弱っていた子猫は、そのまま命を落としていた可能性が高かったでしょう。

保護された時は衰弱しており、体重が118gしかなかった子猫。切れた口元からは出血もしていましたが、ボランティアに保護され、元気を取り戻しているといいます。

Twitterに投稿された救出劇は拡散され、多くの人から「優しさの連鎖が素晴らしい!」「暖かい話で、涙腺が…!」といった声が寄せられました。

また、投稿をきっかけに『猫バンバン』の重要性を再認識した人が続出したようです。

先述したように、気温の低い時期以外でも、なんらかの理由で猫がボンネットに入り込む可能性があります。

『運転前に車を軽く叩く』という少しのアクションで猫の命を守ることができるので、広まってほしいですね!

[文・構成/grape編集部]

元記事で読む
の記事をもっとみる