バーバリー プローサム 2016年春夏コレクション - イギリス王室の気品は、機能的なスタイルとして

バーバリー プローサム(Burberry Prorsum)が、ロンドンファッションウィーク期間中、2016年春夏コレクションをケンジントン・ガーデンで発表した。会場には、モデルのケイト・モスにカーラ・デルヴィーニュ、 女優のシエナ・ミラー、俳優のベネディクト・カンバーバッチなど英国を代表するセレブリティに加えて、映画監督のバズ・ラーマンなど、錚々たるメンバーが駆けつけた。

今季のテーマは「FUNCTIONREGALIA(ファンクションレガリア)」。これは「機能的な」という意味の“FUNCTION”と、王位や気品ある装いをあらわす“REGALIA”を組み合わせた造語。”機能的かつ気品のある服”、このスタイルをコレクションでは追い求めた。

そもそも気品のある装いとは、どういったものだろうか。これには多様な解釈があり得るけれど、CEOを務めるクリストファー ベイリーの出した答えは、やはり“REGALIA”という言葉に求めることができそうだ。ショーを概観すればすぐに分かるように、序盤から多くのルックで取り入れられていたのは、イングリッシュレース、スイスレース、イタリアンレースなど、まるでイギリス女王の衣装を彷彿とさせるような、美しいパターンのレース生地。ミニドレスに始まり、トップス、イブニングドレス、コートとその取り入れ方も多種多様だ。

そうしたクチュール的な要素と同時に目を向けたいのが、トレンチコートに見られるような、ゴールドのロープやエンブレムのモチーフといったディテール。ここには、英国の軍服と同じものが使用されている。トレンチコートが軍服に由来していることを暗示すると共に、気高いムードを醸し出すこともまた、ベイリーの意図した部分であろう。

気品があるばかりではない。あえて“FUNCTION”、つまり機能的なニュアンスを加えたからこそ、新鮮でモダンなワードローブとして、私たちの目に映った。ショーで多用されたのが、バイカージャケットやバックパック、フラットなサンダル・シューズといったスポーティなアイテムの数々。ナイロンなどの機能素材も、全体の品格を乱すことなく効果的に取り入れられ、気高い勲章のディテールや麗しいクチュールを引き立てていた。

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。