1. トップ
  2. ナタリー・ポートマンがマイティ・ソーに!?『ソー:ラブ&サンダー』日本版ポスタービジュアル解禁

ナタリー・ポートマンがマイティ・ソーに!?『ソー:ラブ&サンダー』日本版ポスタービジュアル解禁

  • 2022.4.27
  • 133 views

マーベル・シネマティック・ユニバースの「マイティ・ソー」シリーズ第4作『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)。本作より日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

【写真を見る】新たにマイティ・ソーになったジェーンはどのような活躍を見せてくれるのか?

【写真を見る】新たにマイティ・ソーになったジェーンはどのような活躍を見せてくれるのか? [c]Marvel Studios 2022
【写真を見る】新たにマイティ・ソーになったジェーンはどのような活躍を見せてくれるのか? [c]Marvel Studios 2022

公開当時、全世界歴代興行収入1位 を記録した大ヒット作品『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)でアイアンマンやキャプテンアメリカらとともに激闘を繰り広げたソー(クリス・ヘムズワース)。本作では、彼の『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の物語が描かれる。先日解禁された予告映像では、スター・ロード(クリス・プラット)らガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たちが登場したほか、終盤にもう一人女性のソーが登場していることなどが注目を集めていた。

このたび解禁されたポスタービジュアルで、なんと新たな女性マイティ・ソーの正体がナタリー・ポートマン演じるソーの元恋人ジェーンであることが明らかに。『マイティ・ソー』(11)、『マイティ・ソー ダーク・ワールド』(13)の2作に登場し、天文学者として宇宙の秘密を知るソーに接近し、恋人の関係になるも、身に危険が及ぶようになり関係は解消されていたジェーン。以後の作品でもソーが未練を残し、ジェーンについて言及する姿を見せていたが、今作でついに待望の再会が描かれることになった。

ポスタービジュアルは、ロック風のファッションでストームブレイカーを掲げる雷神ソーと、同じ構図でマイティ・ソーの恰好でムジョルニアを掲げるジェーンを切り取った2種類。前作で粉砕されたはずのムジョルニアは、これまでソー、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ヴィジョン(ポール・ベタニー)など選ばれしヒーローにしか持ち上げることのできなった武器。そんなムジョルニアを掲げているジェーンはソーを超えるマイティ・ソーになっていくのだろうか?

ヒーロー卒業を宣言し、自分探しの旅に出るソー。そして、次世代のアベンジャーズ候補としても期待されるマイティ・ソーとなったジェーン。どのような戦いが本作では繰り広げられるのか?何が起こるかわからないノープランなソーの新章を描く本作に期待が高まる。

文/鈴木レイヤ

元記事で読む
の記事をもっとみる