1. トップ
  2. 中島裕翔、初の教師役で吉川愛と“禁断の恋”「ドロドロの人間関係にも注目」<純愛ディソナンス>

中島裕翔、初の教師役で吉川愛と“禁断の恋”「ドロドロの人間関係にも注目」<純愛ディソナンス>

  • 2022.4.26
  • 173 views
中島裕翔、吉川愛がドラマ「純愛ディソナンス」に出演 (C)フジテレビ
中島裕翔、吉川愛がドラマ「純愛ディソナンス」に出演 (C)フジテレビ

【写真を見る】テレビCMでシェフ役を演じた中島裕翔

7月スタートのフジテレビ系“木10ドラマ”として、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演を務める「純愛ディソナンス」(毎週木曜夜10:00-10:54)が放送されることが分かった。完全オリジナル作品となる同作は、中島が初の教師役に挑み、吉川愛演じる女子生徒との禁断の関係を描く。新任音楽教師と生徒の“純愛”を軸にストーリーが進むが、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

5年後に再会…しかし正樹は既婚者に

物語の前半は、とある高校が舞台。新任の音楽教師としてやって来た新田正樹(にった・まさき/中島)だったが、校内は正樹の前任教師の失踪事件で大きく揺れていた。

出勤前夜に音楽室でピアノを弾いていた正樹は、あることから逃げる生徒・和泉冴(いずみ・さえ/吉川)と出会う。冴は自身が副担任を務めるクラスの生徒。教師と生徒である二人は、失踪事件を通して徐々に絆を深めていく。正樹はいつしか自分の中で冴に対する特別な感情に気付き始める。決してそれを恋だと認めたくない正樹、一方で冴は恋だと信じて疑わない。

二人は本心で向き合えないまま決別するが、ひょんなことから5年後に再会。冴は成人を迎え、二人の間には障害は何も無いはずだった。しかし、正樹には妻がいた――。

5年後の舞台では“セカンドパートナー”という昨今話題になっている概念も加わり、より複雑な関係性が生みだされる。再会をきっかけに再び動きだした、二人の微妙で繊細な関係性が生み出す“不協和音”は、次第に周囲の人間関係にひずみを生み、破滅へと向かいはじめる。

表向きは好青年だが…

中島が演じる新田正樹は、大学の先輩である小坂由希乃(こさか・ゆきの)の後任として桐谷高校にやって来た新任教師。冴のクラスの副担任であり、音楽の教科担当と映像研究部の顧問を務める。

両親共に教育関係者という規律正しい家庭環境で育てられ、デキのいい兄と常に比較されたことで強いコンプレックスを持つ。しかしその反面、兄の陰に追いやられてきた経験からどうすれば周囲から良く思われるかを理解している。表向きは生徒に理解のある好青年だが、内心は打算的。高校で冴と出会い、兄と比べ続けられた人生に光が差すも、前任教師の小坂の失踪事件を期に正樹も騒動に巻き込まれていく。

正樹の心の闇を見抜く

吉川が演じる和泉冴は、正樹が教師としてやって来た桐谷高校に通う高校2年生で映像研究部に所属。真っすぐな性格で芯が強く、同級生よりもどこか大人びている。その反面、他人には見せることができない意地っ張りな一面も。小学生の頃に両親が離婚し、以降は母子家庭で育つ。母親から「人生で最も重要なのは男の選択」という偏った価値観を押しつけられ、「自立した女になる」と強く抵抗。幼い頃から文章を書くことが好きで、親に隠れて小説を書いている。

正樹と出会った直後は「裏がありそう」と警戒するが、あることがきっかけで徐々に打ち解けるように。また正樹のちょっとした表情を観察しており、彼の心の闇を見抜く。

中島裕翔コメント

僕が演じる新田正樹は、家庭の事情で劣等感を抱えている男性で、世間に対しても冷めた目で見ている…周りから見ると一見フレンドリーなのですが、どこか壁を作っている役です。共演する吉川さんとは初めましてですが、作中でも二人がどういう関係性になっていくのか、そして二人の関係が周りにどのような影響を与えていくのかが見どころになっています。

今作のタイトルには「純愛ディソナンス」というなかなか聞き慣れない、“不協和音”という意味の単語も入っています。登場人物全員が持つ純粋ゆえの怖い“純愛”が、どんな不協和音を生むのか…ドロドロの人間関係にも注目いただきたいです!

吉川愛コメント

私が演じる和泉冴は、本来はピュアで頭のいい子なのですが、家庭の事情だったり学校で起きている問題だったりが影響して、裏に何か秘めたものがある女の子。芯の強さがありますが、どこか弱い部分を持っているので、繊細さも丁寧に出していきたいと思います。

今作は、見ているといろいろな感情が湧く作品だと思います。単純に面白いと思ったりもすれば時にはイラッとしたり、別のシーンではドキッとしたり…最初から最後まで、どういう展開になるのかなと次がどんどん楽しみになる物語。ハラハラする展開も多く、今まで以上にハードな撮影になると思いますが、今からとても楽しみです。

編成企画・高野舞(フジテレビ編成部)コメント

“純愛と泥沼は紙一重”、そんなドキドキもドロドロも楽しめる刺激たっぷりなエンターテインメントをお届けしたいと始まったオリジナル企画です。多様性が声高に叫ばれる今、恋愛、結婚、倫理観、幸福感などあらゆる価値観を持つ人々が、二人のラブストーリーを軸にぶつかり合います。さまざまな形の愛を多面的に描き、共感だけでなく反発や興奮、視聴者の皆さんの感情を揺さぶり共体験できるドラマを目指しています! 中島裕翔さん、吉川愛さんにとって初挑戦の役どころになりますので、お二人の新鮮な表情やお芝居にもご注目ください! 純粋が故に生み出されるディソナンス=(不協和音)に耳を傾けていただけたらうれしいです。ぜひご期待ください!

※高野舞の「高」は正しくは「はしご高」

元記事で読む
の記事をもっとみる