1. トップ
  2. お仕事
  3. 55分働いて5分の戦略的休憩を取る、令和のチルなワークスタイル「55協定」始動

55分働いて5分の戦略的休憩を取る、令和のチルなワークスタイル「55協定」始動

  • 2022.4.25
  • 110 views

Endianが展開するリラクゼーションドリンクブランド「CHILL OUT(チルアウト)」は、20歳~59歳の会社員500人を対象に「会議時間と生産性」に関するアンケート調査を実施。その結果、会社員の7割以上が、60分単位の会議時間を「短縮したい」と思っていることが分かった。

また、業務中に5分間の休憩を取ることが業務における生産性にどのような影響を与えるかを確認するため、脳の認知機能を調査する実験を行った結果、業務中の5分間休憩により知的生産性が向上したことを示唆する結果が得られた。

この結果を踏まえ「CHILL OUT」は、従来の60分単位の業務スケジュールを55分間に短縮して5分間の戦略的休憩を取る、令和のチルなワークスタイル「55(ゴーゴー)協定」を提唱する。

意識調査アンケートでのポイント

意識調査アンケートでは、回答した会社員の約半数(49.8%)が「自分の勤務先の働き方は生産的ではない」と感じていることが判明。また、約2人に1人(51.4%)が、会議に感じる課題として「成果がない」と回答し、7割以上(71.8%)が60分単位の会議時間の設定に「60分より短くていい」と感じていることが分かった。

さらに、「55分間働いて5分間休憩を取る働き方」をワークタイムの基本として導入する企業について印象を聞くと、約8割(75.2%)が「好感を持てる」と回答し、約7割(69.6%)が「自分の勤務先でも導入してほしい」と回答した。

認知機能実験でのポイント

認知機能実験では、長時間連続して業務を行った実験条件よりも、5分間の休憩を間に取った実験条件の方が、生産性が向上したことを示唆する結果が得られた。

「55協定」とは

「55協定」とは、「CHILL OUT」が提唱する令和のチルなワークスタイルの浸透を目指して、Endianと賛同企業とが協同で取り組む協定。従来型の60分単位の業務スケジュールを55分間に短縮して5分間のチル休みを取り入れる「戦略的に休憩する働き方」に賛同した企業が、社内に導入して実際に取り組んでいる。

昨今のテレワーク普及により、黙々と働き続ける機会が増えたことで、Endianは当たり前にあった少しの休憩や雑談も失われてしまっていることを危惧しているという。2022年以降ますます社会全体の労働人口の減少が加速していくなか、ビジネスの生産性の向上が求められている。

Endianは「55協定」を通じてビジネスパーソンに「CHILL OUT」を提供していくことで、仕事と仕事の間に5分間のチル休みを実施し、より高いパフォーマンスを発揮することを応援していくという。

55協定:https://butfirstchillout.com/special/55kyotei/ 調査詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000048100.html

元記事で読む
の記事をもっとみる