1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 姑「汚く鳴くゴミを捨てなさい」生まれたての仔猫を処理するようにハサミを渡してくる姑に恐怖…<実録!姑エピソード>

姑「汚く鳴くゴミを捨てなさい」生まれたての仔猫を処理するようにハサミを渡してくる姑に恐怖…<実録!姑エピソード>

  • 2022.4.24
  • 10230 views

皆さんは姑さんとは上手く付き合えているでしょうか…? 義実家問題は大なり小なり皆さんあるようです…。 今回は、そんな皆さんから集めた姑エピソードをご紹介します。

自分の親よりも…

お友達の姑のエピソードです。 お友達のお母さんが病気になった時、ちょうどお姑さんも腰を悪くしてしまったそうで「あんたの親より私の方だ大事だからちゃんと病院に連れて行ってよ」と言われたそうです。 お友達にしたら自分の親の方が大事なんですけど…。 嫁いだら旦那の親の方が大事!というのがお姑さんの理論なんだそうです。 (44歳/会社員)

毎回自慢を聞かされる身にもなってよ…

子どもが部活でよい成績を残したりすると、姑は「うちの息子も子どもの頃はそうだった、きっと子どもたちはうちの息子に似たのだ」と毎回言ってきます。 そして毎回息子(旦那)自慢が始まり、旦那も便乗して俺すごい自慢が始まります。 親子揃ってこいつらなんなんだ…私は何を聞かされているんだ?といつも思います。

仔猫を見た姑は…

ある日、大雨の降った翌日に朝早くから大きな声で私を呼ぶ声が聞こえてきました。 何事かと思い同敷地内の私達の部屋の窓から見たら…昨夜生まれたばかりの仔猫。 母屋の庭で鳴きながら歩いている姿見て…姑はゴミ箱とゴミ取りハサミを手渡してきて、「早くその汚く鳴くゴミをごみ箱に入れなさい。こんな時しか役にたてないんだから嫁の分際で!」と一言。 結局私が育てる事にすると、姑は地団駄踏んで怒っていました。 (50歳/専業主婦)


いかがでしたか?

こんな姑と付き合うとなると骨が折れそうですね。 子どもの為にも義実家とはいい関係でいたいものです…。 ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる