1. トップ
  2. おでかけ
  3. ファンからの質問もぶつけてきました!INI池﨑理人・髙塚大夢に独占インタビュー

ファンからの質問もぶつけてきました!INI池﨑理人・髙塚大夢に独占インタビュー

  • 2022.4.23
  • 3273 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生したグローバルボーイズグループ『INI(アイエヌアイ)』。

2ND SINGLE『I(アイ)』の発売を記念して、福岡出身・池﨑理人(いけざきりひと)さん、髙塚大夢(たかつかひろむ)さんに独占インタビュー!

新曲の話から、MINI(ファン)のみなさんに募集した質問まで、あれこれ聞いてきました。

11人組の人気グローバルボーイズグループ「INI(アイエヌアイ)」

まずは『INI』について、あらためてご紹介します!

INI(アイエヌアイ)
画像:(c)LAPONE ENTERTAINMENT

国民プロデューサー(国プ)と呼ばれる視聴者の投票により勝ち残ったメンバーがデビューするサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』。今や多方面で活躍中の『JO1』を輩出した番組です。

『INI』は、2021年に始まった『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で勝ち残った11人のメンバーからなるグループで、2021年11月3日にDEBUT SINGLE 『A』を発売。

デビューから約半年ですが、公式Twitter、Instagram、YouTubeはどれも30万人を超えるフォロワーや登録者! まさに今、注目のグローバルボーイズグループです。

2ND SINGLE 「I」発売!新曲について聞いてみました

今回お話を聞いたのは、福岡県出身・池﨑理人さんと……

INI 池﨑理人
画像:(c)LAPONE ENTERTAINMENT

東京都出身・髙塚大夢さんのお二人。

INI 髙塚大夢
画像:(c)LAPONE ENTERTAINMENT

自他ともに認める仲良しなお二人に、2022年4月20日(水)発売の2ND SINGLE 『I(アイ)』について、あれこれ聞いていきます!

-まずは2ND SINGLEの発売おめでとうございます! 投票で活動曲が「CALL 119」に決まったときのお気持ちは?

髙塚大夢さん(以下、髙塚) どちらの曲(「We Are」と「CALL 119」)もすばらしい曲なので、どちらになっても悔いはないと思っていました。でもやっぱり、「CALL 119」は勢いがあってインパクトのある曲なので、タイトル曲にふさわしいかなって。DEBUT SINGLE「Rocketeer」も激しい曲だったけど、また違う激しさがある曲で、僕たちのまた違う魅力が引き出せるなと、プロモーションが楽しみです。

池﨑理人さん(以下、池﨑) 投票結果はかなりの僅差だったみたいで、「We Are」を見たい方もいっぱいいたんだなって。その方たちにも「CALL 119」でよかったと思ってもらえるように頑張ろう思いました。あとは、「CALL 119」の激しいダンスがメンバーみんなも好きなので、それをやれるっていうのがうれしかったです。

-メンバーの中では、どっちになりそうとか予想はしてたんですか?

髙塚 ありました! DEBUT SINGLEのときもやったんですけど、「CALL 119」がグー、「We Are」がパーで、11人全員で「せーの」で出して予想、みたいな。それで、全員グー(CALL 119)でした。

池﨑 そうそう。全員が同じ予想してました。DEBUT SINGLEのときも、メンバー全員一致で「Rocketeer」予想だったんです。

―それはスゴイ! かっこいい感じのMVですが、ここが難しかった、大変だった…というところは?

池﨑 基本的に全部(笑)。どのパートもダンスが激しいので、すごい難しくて……。いっぱい練習して、なんとか揃えられるようになりました。あとは、僕が一番最初の歌い出しのパートなので、そこでどれだけ引きつけられるか、ドーンとインパクトを与えられるように、ラップもダンスも自分のパートはパワー入れてめっちゃ練習しました。

髙塚 ジェスチャーっていうか歌ってるときの手の動きとかも理人はめっちゃ研究してて、すごいなと思った!

池﨑 それはたしかにそうだね。MVに向けて研究しました。

―「振り」といえば、お互い向き合って…というシーン。それを知ったときの気持ちは?

池﨑 “りひろむ”やなぁ~って(笑)。

髙塚 それはめっちゃ思った! 低音と高音で声の相性もいいから、それでインパクトが出るのかなって。サビ前にはピッタリだったと思います。

―ほかに、「CALL 119」でお気に入りのパートがあれば教えてください。

池﨑 ラスサビ前の静かになるところで大夢くんと(藤牧)京介くんと(尾崎)匠海くんと豊凡(フェンファン)のボーカル強い4人が出て、ちょっと難しいことやってて。おもしろいなって思うし、高音が響きわたって最後ラスサビにいくところがオススメです。

髙塚 僕は、イントロ終わったあとのラップが好きです。理人とたじ(田島将吾)くんと西(洸人)くんの3人が本当にすごいラップを毎回披露してくれていて、やっぱりそれがINIの魅力のひとつですね。

MINI(ファン)からの質問を“りひろむ”に直撃!

ここからは、MINIのみなさんに募集した質問を中心に聞いていきます!

INI 池﨑理人・髙塚大夢
画像:ARNE編集部

―“りひろむ”が仲良くなったきっかけは?

池﨑 画像フォルダを見返してたら、デビュー翌日に車の中で撮った動画があって、そのときから「おはよう。かわいいね~」ってもう言ってました。

髙塚 マジで!?

池﨑 多分ファイナルくらいから、かわいらしい人だなっていう印象はありましたね。仲良くなったのは韓国?

髙塚 韓国が一番大きいね。でも、最初のきっかけは、東京に泊まったときに理人が買い物に誘ってくれて、2人きりで話したときですね。それから2人でも楽にいられるようになってみたいな感じです。

池﨑 それからの韓国合宿。なんでかな、DVD撮影だっけ?

髙塚 そうそう、DVD撮影でペアになって優勝して。仲悪いわけじゃないけど、そのときは“全然”でしたよ。

池﨑 え? 俺はもうそんときから大好きだったよ。

髙塚 僕は、“俺なんかと仲良くしてもらっちゃってすみません”くらいの気持ちでした(笑)。でも、そのあとから理人が部屋に来るようになったよね。

池﨑 練習終わりに、一緒に飯食おう~とか、YouTube見たりしてました。

髙塚 もともと結構人見知りで、仲良くなるのに時間がかかるんですよ。けど理人は、何回も部屋に来てくれたり、たくさん連絡くれたりして、それで打ち解けられたかな。今ではメンバーの中では一番話しやすい人だなって。

池﨑 あざっす(笑)。

INI 池﨑理人
画像:ARNE編集部

―お互いの好きなところは?

池﨑 話が合うところ。ほかのメンバーに話したら「くだらない……」みたいなことでも「おもしろい!」って言ってくれるのが大夢くん。あと、部屋に飾ってる植物とか、ピアノとかギターとか、大夢くんの趣味がかっこよくて好きですね。高校時代にやってたバンドの曲を聞かせてもらったときも、それがめっちゃ良くて、データとしてちょうだいって言ったくらい。もらえなかったですけど(笑)。普通にかわいいとこも好きです。

髙塚 ありがとうございます(笑)。理人は、包み込むような優しさがメンバーイチ! 声も落ち着いてるし、なんでも受け入れてくれるタイプの人だから、一緒にいて落ち着く。悩みも聞いてくれるし、話しやすいから相談もしやすいし、そういうのが良いな~と思って一緒にいます。あとは、誰とでも仲良くなれるし、めちゃめちゃおもしろいことばっかり話すので、一緒にいて盛り上がるところが好きです。

―福岡で連れて行きたい場所、連れて行ってほしい場所は?

池﨑 うわ~迷う。これも大夢くん以外のメンバーは喜ばないかもですけど、北九州の『いのちのたび博物館』。

髙塚 なにそれ?

池﨑 恐竜の化石とか魚の標本とかあって。小さいときから行ってる地元の博物館で、だいたいのこと分かっちゃうくらい行ってるんですけど、好きな場所です。

髙塚 行ってみたい! 今度、僕の地元(東京)の博物館行こうって話してたところなんです。福岡は、九州初めてで全然分かんない。

池﨑 あとは糸島に連れて行きたい。

髙塚 どこそれ?

池﨑 海がきれいで、いい感じのところ。塩プリンもすごい人気。

髙塚 行きたい!

INI 髙塚大夢
画像:ARNE編集部

―最近、「あーね!」ってなったことはありますか?

髙塚 理人が、「きのこって会話してるらしいよ」って言いだして。

―えっと…?(笑)

池﨑 きのこ同士、電波を使ったネットワークがあるらしくて。50単語くらい存在してるみたいで、天気とか「ここ俺の領域」とか、そういうのを話してるって。そういう研究があるっていうのがSNSでバズってました。そういうの好きなんです(笑)。

髙塚 どういうこと?ってなったけど、へぇ~って(笑)。

池﨑 これどんな話?(笑)

―これから挑戦したいこと・夢は?

池﨑 福岡で凱旋ライブ! いつかPayPayドームに立ちたいです。

髙塚 個人でもお仕事もらえるくらい歌もダンスもスキルアップさせたいです。個々が大きい人になれればいいなって思ってます。

以上、仲良しな“りひろむ”のお二人へのインタビューでした。INIの今後のさらなる活躍が楽しみですね!(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。

元記事で読む
の記事をもっとみる