1. トップ
  2. 「涙が止まらない…」心が不安定のまま会社に出社したら…

「涙が止まらない…」心が不安定のまま会社に出社したら…

  • 2022.4.24
  • 18985 views

生理中のある日。朝起きると涙が出ていて、気持ちがどうしようもなく落ち込んでいました。生理中に情緒が不安定になることについては産婦人科に何度か相談しており、低用量ピルや漢方を試していましたが、改善しきれずにいた私。気持ちが落ち込んでいるなかでも、出勤して働いていたのですが……。

生理前や生理中の精神状態

生理前になると、別人のように気分が暗くなる私。生理が始まっても、気分が元に戻らないときもあります。朝起きると涙が出ていたり、夜に何時間も泣き続けたりしたことも。何をしても気分が上がらず、ずっと重い石が乗っているよう気持ちでした。

人前では笑顔を作ることができますが、この時期の笑顔は9割が作り笑い。ひとりになるとほとんど笑うことができず、普段楽しめる趣味も楽しめなくなってしまうのです。

朝起きると涙が。それでも会社へ行き…

生理中のある日。朝起きると涙が出ていて、気持ちがずーんと沈んでいました。しかしその日は仕事で大事な作業があった日。湯船に浸かって気持ちを整えて涙を止めることができたため、出勤しました。

出勤すると、私の様子を見た同僚から「無理しないで」と言葉をかけてもらったのですが、休みをとるのは心苦しかったのです。会社では、無理やり笑顔を作って働いていました。

職場でも涙が止まらなくなってしまった

午前中に大事な仕事を終え、ホッとひと息ついたときのことです。突然、涙が溢れ出してきました。運良く空いていた会議室に入り、ひとりの空間に逃げた私。数分後、少し落ち着いたのか涙は止まったものの、いつまた涙が出てもおかしくないような精神状態でした。

「これはダメだ。早退しよう」と思い、上司に相談しに行きましたが、相談している最中にもまた涙が溢れてきてしまい……。会社を早退することになり、帰りの電車でもボロボロと泣いているような状態でした。

これはなんとかしなくてはと思った私は、その日のうちに心療内科も受診。先生にお話を聞いていただき少しは落ち着きました。

生理前や生理中は心が不安定になりがちな時期。このときはお休みをもらうべきだったと感じましたし、「無理はしてはいけないな」と痛感した出来事でした。

著者/あめ
作画/ちゃこ
監修/助産師REIKO


イラスト制作者:マンガ家・イラストレーター ちゃこ

漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる