1. トップ
  2. ファッション
  3. 意外と知らない人も多い【ユニクロ】の名品! 春に使える「エアリズム」インナー2種を比較

意外と知らない人も多い【ユニクロ】の名品! 春に使える「エアリズム」インナー2種を比較

  • 2022.4.16
  • 13741 views

暖かくなって過ごしやすい日も増えましたが、日や時間によって寒暖差があり服装に悩むことが多い今の季節。シャツやニットなど合わせるトップスの幅が広い分、アイテムに合ったインナー選びに苦労することも。そこで、『ユニクロ』にある数々の下着やインナーを試してきた筆者が、今の季節におすすめしたい「エアリズム」インナーをご紹介します。迷いがちな春のインナー選びの参考にして!

長年迷走していた春のインナー選び

春は「日中は過ごしやすいけど、少し動くと汗をかく」「夕方以降は肌寒い」「外は暖かいけど、室内は寒い」など寒暖差に悩みやすい季節。その日の天気や時間帯、過ごす場所によって気温が違うため、羽織物などで調整をしますが、衣類の中に着るインナーを選ぶのにも一苦労。

筆者は今まで、春のインナーとして薄手のヒートテックを着たり、衣類のデザインによってはキャミソールを着ることが多かったですが、気温に対してちょうどいいと感じることは少なかったです。

しかし、『ユニクロ』の「エアリズム」シリーズのアイテムを取り入れてからは「なぜこんな優秀なアイテムを早く使わなかったのだろう」と感じたことも。そこで、筆者が今の時期におすすめしたいアイテムを2種類ご紹介します。

春から秋まで着れる! ユニクロ「エアリズム」インナー2種

『ユニクロ』では、さまざまなタイプの「エアリズム」商品が発売されています。「エアリズム」とは、汗をかいても衣服内を除湿し、サラッとした着心地が続く素材のこと。雑菌の増殖を抑えたり、汗や生乾きのニオイを軽減したりする機能もあることから春夏に人気のシリーズです。

トップスやインナー、スポーツウェアなど幅広いアイテムに採用されていて、首元の形状や袖の長さ、サイズ、色、UVカット機能つきなど種類も豊富です。

筆者が愛用しているのは「エアリズム UVカット クルーネックT(長袖)」(以下、クルーネックT)と「エアリズム UVカット UネックT(8分袖)」(以下、UネックT)の2種類です。

サラッとなめらかな肌触り

写真は、クルーネックTです。

クルーネックTは、UネックT同様、UPF40のUVカット機能付き。日焼け止めの塗りづらい背中や、胸元、お腹までも紫外線から守ってくれます。

「エアリズム」特有の、サラッとしていてなめらかな触り心地で生地は薄めです。

首や袖の違いについて

どちらの商品も、いろんな衣類と組み合わせやすい丸首デザインです。

大きく違うのは首元の開き具合と袖の長さ。

写真上のクルーネックTは首元の開きが小さめであるのに対し、写真下のUネックTは開きが大きめです。

袖の長さは、写真左のクルーネックTは手首がすっぽり隠れるくらいで、写真右のUネックTは手首が見えるほど。

着用感をレビュー

筆者は身長160cmでいずれもサイズM、ホワイトを着用。若干透け感があるのでレビュー時は白のキャミソールを着用しています。

着用した際の生地の肌あたりや肩幅、着丈はほとんど同じように感じました。

首元の開き具合と袖の長さが違うので、上に着る衣類のサイズやデザイン、形によって使い分けています。

ボタンを開けるなどデコルテが見えるシャツの場合は、デコルテが大きく開いたUネックTを着用。首元が隠れるニットならクルーネックTを合わせるのがおすすめです。

サラッとしていてなめらかな「エアリズム」素材なので、気温が高いときはもちろん、動くと背中やデコルテ、お腹まわりが暑く感じる微妙な気温のときでも涼しく感じられます。袖があるので肩や二の腕が冷えにくいため、春の暖かい日にはおすすめです。

『ユニクロ』の「エアリズム」シリーズに長袖があったことを知らない人は意外と多いよう。春のインナーに何を着ればいいのか迷う人は、『ユニクロ』の「エアリズム」インナーもチェックしてみて!

衣類に合わせて着られるように、首元の形状や袖の長さが違う種類を持っておくと便利ですよ。

【商品情報】
ユニクロ「エアリズム UVカット UネックT(8分袖)」
価格:¥1,500
カラー:00ホワイト、03グレー、09ブラック、60ライトブルー
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL
※オンライン限定商品です

ユニクロ「エアリズム UVカット クルーネックT(長袖)」
価格:¥1,500
カラー:00ホワイト、03グレー、09ブラック
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL

【参考】
『ユニクロ』公式サイト

文/寒川あゆみ

元記事で読む
の記事をもっとみる