1. トップ
  2. きのこの芳醇な香りに癒される~!「しめじのオイル煮」/素材1つで作りおく「ひだめしの素」

きのこの芳醇な香りに癒される~!「しめじのオイル煮」/素材1つで作りおく「ひだめしの素」

  • 2022.4.15
  • 2702 views
きのこをオイルで蒸し煮にするだけ! (C)飛田和緒/KADOKAWA
きのこをオイルで蒸し煮にするだけ! (C)飛田和緒/KADOKAWA

人気料理家・飛田和緒さんが提案する「ひだめしの素」は、そのまま食べてもおいしく、さらにアレンジがきいて、メインのおかずやご飯にも使い回せる便利な「おかずの素」です。

「野菜や肉を素材のままとりおくことなく、買ったら刻んで塩をしておく、オイルであえておくことをするようになったら、食材の無駄がグンと減りました」という飛田さん。

『素材1つで作りおく ひだめしの素』でお送りするのは、季節の素材1つでシンプルに、台所仕事の合間に仕込んでおける、頑張らない作りおき。日々のごはんやお弁当、夜食、1人ご飯に重宝するのはもちろん、食材の無駄もグンと減る、毎日のごはん作りの強い味方の作り方をご紹介します!

※本記事は飛田和緒著の書籍『素材1つで作りおく ひだめしの素』から一部抜粋・編集しました

しめじのオイル煮

きのこをオイルで蒸し煮にするだけ!

炒めている間中、キッチンに薫るきのこの芳醇な香りに癒されます。

シンプルに塩だけで味つけしているので、アレンジも自由自在。

にんにくやしょうが、お好みのハーブなどを加えてもおいしいですよ。

◆材料(作りやすい分量)

しめじ … (大)2パック(約450g)

オリーブ油 … 1/4カップ

塩 … 適量

◆作り方

1 しめじは根元を落とし、大きめにほぐす。

2 鍋にオリーブ油と1を入れ、ふたをして火にかける。ジリジリと焼ける音が大きくなってきたら塩小さじ1/2を加えてひと混ぜし、再びふたをして弱火で15分ほど蒸し煮にする。味をみて足りなければ、塩でととのえる。

〈油ごと冷蔵庫で3~4日間保存可〉

そのままつまみに。パンにのせても◎ (C)飛田和緒/KADOKAWA
そのままつまみに。パンにのせても◎ (C)飛田和緒/KADOKAWA

そのままつまみに。

パンにのせても。

【ひだメモ】

・肉や魚料理のつけ合わせに。

・パスタのソースに加えたり、具材に。

・肉や魚とともに炒めものに。

・サンドイッチの具材に。

・サラダのトッピングに。

■鶏肉としめじのクリーム煮

鶏肉としめじのクリーム煮 (C)飛田和緒/KADOKAWA
鶏肉としめじのクリーム煮 (C)飛田和緒/KADOKAWA

◆材料(2人分)

鶏もも肉 …(大)1枚(300g)

塩 … 適量

玉ねぎ …1個

にんにく …(小)1かけ

しめじのオイル煮の油 … 大さじ1(足りなければオリーブ油を足す)

しめじのオイル煮 … 200g

小麦粉 … 小さじ2

牛乳 … 1と1/2カップ

◆作り方

1 鶏肉は水けをペーパータオルでふき、余分な脂を除いてひと口大に切り、塩小さじ1/3をふってなじませる。玉ねぎは8つ割りに、にんにくは包丁の腹でつぶす。

2 鍋ににんにくと、しめじのオイル煮の油を入れ、火にかける。香りが立って色づいたらにんにくを取り出し、鶏肉、玉ねぎ、しめじのオイル煮を順に加えて炒め、小麦粉をふって炒め合わせる。粉がなじんだら水1と1/2カップを加える。

3 煮立ったら弱めの中火にし、ふたをして20分ほど煮て牛乳を加える。弱火で温める程度に煮て、塩で味をととのえる。

著=飛田和緒、撮影=豊田朋子/『素材1つで作りおく ひだめしの素』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる