1. トップ
  2. 「好きなあだち充作品」ランキング! 3位『みゆき』、2位『H2』、1位は?

「好きなあだち充作品」ランキング! 3位『みゆき』、2位『H2』、1位は?

  • 2022.4.15
  • 4825 views
All About編集部は3月4~31日、「好きなあだち充作品」に関するアンケート調査を実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。
All About編集部は3月4~31日、「好きなあだち充作品」に関するアンケート調査を実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。

『タッチ』『H2』など、数々の名作を世に生み出している漫画家・あだち充先生。All About編集部は3月4~31日、全国204人を対象に「好きなあだち充作品」に関するアンケート調査を実施しました。その結果を、ランキング形式で紹介します。

第3位『みゆき』

3位には、『みゆき』がランクイン。1980〜1984年まで『少年ビッグコミック』で連載された作品です。あだち充作品といえばスポーツを絡めたストーリーが代表されるイメージですが、本作は恋愛のみを主題にしています。高校生の主人公・若松真人が、憧れの同級生・鹿島みゆきと、1つ年下の血の繋がらない妹・若松みゆきとの間で揺れ動く様子を描いています。

回答では「二人のみゆきの微妙な関係性が秀逸。憧れ的なものもある」「三角関係が好きだから」「妹のみゆきが可愛すぎる。この先どんな展開になるのか予想が出来ない設定」などの声が挙げられています。

第2位『H2』

2位に選ばれたのは、高校野球をテーマとした野球漫画、『H2』。野球の魅力を読者に伝えようという思いから、野球の描写にこだわって描いたとされる作品です。エース国見比呂とスラッガー橘英雄、比呂の幼なじみであり、英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかりと比呂の同級生・古賀春華という、名前の頭文字に「H」を持つ、2人のヒーロー・2人のヒロインが織りなす野球と恋の物語です。

回答理由に「ベタな野球&恋愛漫画でとても面白い」「野球・少年・青春・日常の要素があり新鮮」「思春期になって気づいた想いとそれを取り戻せない現実と向き合う切なさが心にしみます」などの声が聞かれました。

第1位『タッチ』

見事1位に選ばれたのは、あだち充最大のヒット作品『タッチ』でした! 1981〜1986年に『週刊少年サンデー』に掲載。テレビアニメはもちろん、実写版映画にもなったほどの人気。高校野球とラブコメディ、2つの要素を持つストーリーで、対照的な双子である優秀な弟・上杉和也と、何事にもいい加減な兄の達也、その幼なじみのヒロイン・浅倉南の三角関係を描いた作品。和也の意思を継ぎ、「甲子園につれてって」という南の夢を叶えるため、真剣に野球と向き合う達也。達也と南の切ない関係も見どころです。

回答者からは「何とも言えない切なさを漫画を読みながら感じたから」「何度見ても飽きない青春ヒューマンラブストーリーだと思います。名作です」「当時、野球部の子と付き合っていたので、自分とかぶせて、盛り上がっていました」などの声が寄せられました。

文:チバ ミサキ

元記事で読む
の記事をもっとみる