1. トップ
  2. レシピ
  3. 神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ 【レパートリーが広がる! 塩麹の使い方】

神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ 【レパートリーが広がる! 塩麹の使い方】

  • 2022.4.13
  • 642 views

醤油やみそ、かつお節など、日本の食文化を支えてきた発酵食品。海外でも人気が高まってきており、神山まりあさんも注目しているそう。今回は、食材の甘みやうまみを引き出してくれる「塩麹」を使ったレシピをご紹介!

レシピの基本となる「塩麹豆腐」の作り方と、食欲の秋にぴったりなヘルシーメニューを3品ご用意しました。

塗って、寝かせて、アレンジ自在、基本の塩麹豆腐

たった一手間加えるだけで、さまざまなメニューに変身してくれる塩麹豆腐は、忙しい毎日の味方。作り方も簡単なので、冷蔵庫に常備しておくと◎

材料 豆腐1丁分
  • 木綿豆腐 1丁
  • 塩麹 大さじ1
作り方

1.豆腐をしっかりと水切りする。

2.ラップの上に水切りした豆腐をのせ、塩麹大さじ1を裏表まんべんなくぬる。

3.ラップで包み、プラスチックの保存容器に入れて冷蔵庫で2日寝かせる。

塩麹豆腐のホワイトソースで、ヘルシーグラタン

肌寒い季節に食べたくなるグラタン。子どもはもちろん、大人にも人気のメニューですよね。イチから作るとなるとちょっと面倒なホワイトソースですが、塩麹豆腐があれば大丈夫。小麦粉で作るより簡単でヘルシーに作ることができますよ。

塩麹豆腐とアボカドのグラタン

主な材料は塩麹豆腐とアボカド、みそだけ。材料も少なく調理も簡単なので、忙しい日でも手軽に作っていただけます。

材料 2人分
A
  • 塩麹豆腐 1丁
  • 豆乳 100cc
  • みそ 小1
  • 塩、ホワイトペッパー、粉チーズ 適量
  • アボカド 2個
作り方

1.オーブンを180度に予熱し、アボカドをスライスしておく。

2.Aをボウルで混ぜ合わせ、ペースト状にする。あまりトロトロにしすぎないのがポイント。

3.スライスしたアボカドを耐熱皿に並べ、塩、ホワイトペッパーをふる。

4.3の上に2を乗せ、粉チーズをかける。

5.予熱しておいたオーブンに入れ、約20分ほど焼く。

6.表面に焼き色がつけば完成!

切るだけ、混ぜるだけの、褒められサラダ

おうちでごはんを作るとき、ワンパターンになりがちなサラダ。塩麹に一手間かければ、簡単なのに見栄えもいいサラダを作ることができます。塩麹豆腐と塩麹を使ったディップで、いつものサラダに一工夫しませんか?

塩麹豆腐のカプレーゼ

塩麹豆腐の白とトマトの赤、バジルの緑が目にも鮮やかなサラダ。ダイス状に切った塩麹豆腐はチーズのような食感で、トマトとの相性が抜群!

材料 2人分
  • 塩麹豆腐 1丁
  • トマト 8個(小さめサイズのもの)
  • フレッシュバジル 適量
  • 塩、ブラックペッパー 適量
  • エクストラバージンオリーブオイル 適量
作り方

1.塩麹豆腐をダイス型にカットにする。

2.トマトを食べやすい大きさにカットし、塩をふる。

3.1と2をお皿に盛り付けたらフレッシュバジルをちぎって散らし、ブラックペッパー、オリーブオイルをかけて完成!

塩麹のディップ

材料を混ぜるだけで完成する、お手軽ディップ。ピリッと辛いトマトディップは大人用、優しい味わいのヨーグルトディップは子ども用と、2種類作るのも手間いらずです。

材料 ココット1個分
トマトのディップ
  • トマトペースト 50g
  • 塩麹 大さじ2杯
  • タバスコ お好みの量
ヨーグルトのディップ
  • 塩麹 大さじ2杯
  • ヨーグルト 50g
  • ディル 少々
作り方

1.材料を混ぜたら完成!

2.お好みの生野菜や温野菜を用意し、ディップをつけて食べる。

野菜たっぷりのメニューに「ヘルシーで、たくさん食べても罪悪感がなくてうれしい!」と思わずニッコリのまりあさん。あつあつのグラタンを一口頬張ると「お豆腐でできてるとは思えない」と大満足の表情。グラタン、カプレーゼとさまざまなアレンジがきく塩麹豆腐に「あると便利。いろいろ使えていいですよね」と声を弾ませていました。

Photo:Warach Pattayanan(vvpfoto)

田中美奈子

料理家・フードコーディネーター・カフェディレクター

http://life-kitasando.com/

「DEAN&DELUCA」でカフェマネージャー、ドリンクの商品開発として勤務したのち独立。カフェレストランのオーナーシェフとバリスタを経て、現在はカフェ店舗商品開発やコンサル、フードコーディネートなどを幅広く手がける。

元記事で読む
の記事をもっとみる