1. トップ
  2. 映画『妖怪シェアハウス』の正式タイトルが決定 望月歩が若き天才数学者役で登場

映画『妖怪シェアハウス』の正式タイトルが決定 望月歩が若き天才数学者役で登場

  • 2022.4.12
  • 98 views
『妖怪シェアハウスー白馬の王子様じゃないん怪ー』(c)映画「妖怪シェアハウス」製作委員会

テレビ朝日系にて放送中の小芝風花主演ドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』の続編映画のタイトルが『妖怪シェアハウスー白馬の王子様じゃないん怪ー』に決定し、映画だけのオリジナルキャラクターとして望月歩が出演することが発表された。

本作では、主演の小芝のほか、お岩さん・四谷伊和役の松本まりか、酒呑童子・酒井涼役の毎熊克哉、座敷童子・和良部詩子役の池谷のぶえ、ぬらりひょん・沼田飛世役の大倉孝二らレギュラーキャストも続投。映画だけのオリジナルキャラクターとして出演する望月は、若き天才数学者・AITO役を担当する。

小芝演じる主人公・目黒澪は相変わらず作家を目指して編集部で奮闘するが、企画を出すものの中々通らない毎日。そんな彼女の周囲で、最近マッチングアプリで自分の好みを反映したAIと恋愛を楽しむことが流行りだす。そんな流行を横目に、自分には関係ないと思いつつ、ぼんやりながら理想の恋人を思い浮かべる澪。そんな中、仕事で命じられた取材先で、アインシュタインの再来と謳われる天才数学者・AITO(望月歩)とひょんなことから知り合いになる。日本をよく知らないAITOに様々教えてあげるうち、澪は新たな恋の予感を感じ、浮かれる気持ちを隠しきれない。

天才とされるだけあってどこか風変わりなミステリアスな雰囲気をまとうAITOと関係を深めていく澪。順調と思われた2人の交際だったが、世の中では若者の間で登校や出社を拒否したり、自分の欲望を抱く気持ちすら失っていくという“ツルツル化現象”が急増。さらに澪を取り囲む妖怪にも次々と異変がみられるように。この現象が意味するものは一体何なのか。

AITO役を演じる望月は、2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で謎の転落死を遂げる中学生・柏木卓也役を演じ、『アンナチュラル』(TBS系)や連続テレビ小説『エール』(NHK総合)など数々のドラマに出演。本作で、主演の小芝と初共演を果たした。

■コメント

望月歩(天才数学者・AITO役)

出演が決まった時は本当に嬉しく、『妖怪シェアハウス』の世界に入っていけるのがとても楽しみでした。撮影初日、実際に妖怪(メイクをしているキャスト)を見て、まるでディズニーランドみたい!とテンションが上がって、スタジオの端っこで嬉しそうにしていたところを豊島監督に見られてしまい、「何にやにやしてるの?」といわれてしまった程です(笑)
主演の小芝さんとは、今作が初共演でした。小芝さんと澪というキャラクターは、凄く似ているようで全然違ってもいて、すぐ傍でその様子を見られたのは、役得で嬉しかったです。また、色々なことに気を使ってくださり、座長として本当に凄い方だなと実感しました。ドラマを見て少しでも映画に興味を持ってくださった方は、是非、劇場へ足を運んでいただけたら、嬉しいです。

豊島圭介(監督)

この映画では、かつて誰も見たことのないアレが登場します。それを演じるのが望月歩さんです。誰も見たことのないアレですから、見た目も行動も癖も全てゼロから望月さんが作り出さないといけません。「いやぁ、アレやるの初めてなんです。難しいです……」といいながら相当難しいチャレンジに挑んでくれて、身体を使った変なアイディアを沢山くれました。望月さん本人は、どちらかと言えば飄々とした雰囲気の人物ですが、相当熱いマグマを心に持っているようです。とあるシーンの小芝風花さんの芝居を見て「クソー、悔しい!」と呟いているのを目撃しましたから。

飯田サヤカ(プロデューサー)

『妖怪シェアハウス』の映画化で初めて澪の恋の話をしようとなった時に、AITOはどういう人だったらいいのかと、悩みに悩んだ末の望月君でした。
望月君はこれまでもすごいお芝居をたくさんされていますが、実直さ、純情さ、涙の芝居などいつも感動を残してくれる俳優です。
AITOを演じる上でとにかく大事だったのは、怖さや冷たさがありつつも、とにかくお芝居がよくて、かつ澪が恋に落ちるという説得力がある人ということでした。台本も途中からは実際に望月君をイメージしながら作っていき、AITO自身を望月君で作っていったようなところがあります。非常に難しい役でしたが、笑いの部分もしっかり面白く演じてくださったりと、さすがの一言に尽きると思っています。
(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる