つらいPMSをのりきるための3つの対策とバスボムレシピ

PMS(生理前症候群)がつらくて泣きたくなる……。そんなあなたにぜひ試してほしい、カラダをリラックスさせる方法をいくつか載せていってみることにします。(最後にバスボムの作り方も載せてみました。)

まずはPMSチェック

PMSには「気持ちにあらわれる症状」と「カラダにあらわれる症状」があります。人それぞれ、出る症状は多少の違いがありますが、今回はトップ5をチェック項目としてあげてみますね。トップ5にはこんな症状があるようです。(unicharm調べ)

□ イライラ

□ 腹痛・下腹部痛

□ 頭痛・頭が重い

□ 眠気

□ 胸の痛み・張り

また、実際にPMSで悩んでいる人はいつも感じている人とときどき感じる人をあわせて92%もいるそうです。(unicharm調べ)

あてはまってしまいましたか? PMSってなかなか理解してもらえない場合もあるからやっかいなんですよね~。「少しでも軽くできたらいいのに……」そう思っているのなら、試してみる価値ありです!

PMS対策にオススメのあれこれ

普段から心がけるといいことそれは適度な運動を生活にとり入れていくこと! ウォーキングやストレッチなど、そこまで苦にならないものをチョイスしてみるといいと思います。さらに、規則正しい生活リズムを維持することも大切です。普段の疲れの蓄積のせいで、休日をずっと寝てすごしてしまう……これじつは、カラダにとっては負担になっているかもしれないんですって!

生理前の1週間で心がけるといいことリラックスできることをしましょう。半身浴のお風呂にゆっくり入るのもいいですし、アロマをたくというのも効果的。もちろん、リラックス効果が期待できる香り(ラベンダーやゆず、ジャスミンやローズなど)をチョイスしてもいいんですが、それよりもあなたが好きな香りで満たす方が効果的な場合もあります。好きな香りをかぐと、幸せな気持ちになりますもんね!

アロマオイルで入浴剤を簡単に作ることもできるので、興味があればぜひどうぞ。

生理の数日前からこころがけることカフェインの摂取を控えましょう。コーヒー好きさん・紅茶好きさんにはなんとも酷な話ですが、カフェインにはカラダを冷やす作用があるんです。これが辛いPMSや生理痛につながっているという可能性もあります。せめて数日前からはハーブティにかえてみてください。

簡単バスボムの作り方

材料はこれだけ! (大きさにもよりますが3~4個できます)

材料

・ 重曹: 50g

・ クエン酸: 25g

・ コーンスターチ: 25g

・ アロマオイル:数滴


作り方上記の材料をすべて混ぜあわせて、きりふきで水をかけて湿らせます。あとはシリコン型につめて1日くらい放置したら完成! 注意点としては水が多すぎると重曹がシュワシュワしてしまい失敗作ができあがるということくらいでしょうか。数回にわけて少しずつ水を吹きかけるのがポイントです。

お試しあれ!

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。