1. トップ
  2. おでかけ
  3. ミニオンズ最新作に参戦の尾野真千子、独自のアフレコ方法は「その辺にあった椅子を持ち出し…」

ミニオンズ最新作に参戦の尾野真千子、独自のアフレコ方法は「その辺にあった椅子を持ち出し…」

  • 2022.4.11
  • 393 views
ミニオンズ最新作に参戦の尾野真千子、独自のアフレコ方法は「その辺にあった椅子を持ち出し…」
(C)2021 Universal Pictures and Illumination Entertainment. All Rights Reserved.

世界中で“ミニオンブーム”の社会現象を巻き起こした「ミニオンズ」シリーズ待望の最新作『ミニオンズ フィーバー』が7月15日から全国公開される。今回、吹替版予告が公開された。

吹替キャストに市村正親、尾野真千子、渡辺直美の参加決定!

公開された日本語吹替版予告では、パワーアップしたミニオンたちのハチャメチャが盛りだくさん! 映画を見に来たミニオンズと少年グルーだが、あいにく満席…ミニオンズとグルーは、オナラ爆弾を爆破させて、劇場を占領。日常的に悪巧みを繰り返し過ごしていた彼らの前に、グルーが憧れる世界で最も悪名高き悪党チーム“ヴィシャス・シックス”が現れ、グルーが誘拐されてしまう! 少年グルーを救出するために、ミニオンたちは鍼灸師でカンフーの達人マスター・チャウのもとで強くなるための過酷な修行を開始するのだが…。果たして、ミニオンズは大切な”ご主人“少年グルーを無事救出できるのか!?

さらに、本作に参戦する豪華な吹替キャストも公表された。まずは本作で少年グルーが憧れる世界で最も名高いヴィランのチーム「ヴィシャス・シックス」の創始者であり、少年グルーが敬愛する年老いた皮肉屋の悪党ワイルド・ナックルズに、ミュージカル界のレジェンド、俳優の市村正親。

本作への参加が決定し、市村は「息子たちが『ミニオン(の最新作に)出るんだ! 嬉しい! 楽しみ!』と喜んでくれたことが僕にとっての一番の喜びでした」と我が子たちから喜びの反応があったことを明かした。さらに、まもなく俳優生活が50年を迎える市村。俳優としての重みは「ワイルド・ナックルズと似ている部分がある」と話しつつ、「正反対な部分はあまり悪いことをしたくないところですかね。彼はグルーが憧れる悪党ですが、僕はやっぱり憧れられる俳優でいたいなと(笑)」と、似ていない部分についてもこう語った。

続いて、ワイルド・ナックルズからリーダーの座を荒々しく奪い、ヴィシャス・シックスの新リーダーとして君臨。クールで自信に満ちカリスマ性あふれるベル・ボトムには女優の尾野真千子が決定。ミニオンズの作品を何度も鑑賞。グッズをたくさん所有しており、USJにも何度も足を運ぶ“大のミニオンズ好き”の尾野。

そんな尾野は、ベル・ボトムを「高圧的」に演じるために、独自のアフレコ方法を行ったという。「その辺にあった椅子を持ち出し、乗って、結構高い位置から『ヘイ、ベイビー!』と演じてみたら、『いいんじゃない!?』とお褒めをいただいたので、『これだ!』と思ってお立ち台を貫きました』。

最後は、普段はひっそりと鍼灸院を営み、あることをきっかけにミニオンたちの師匠となるカンフーの達人マスター・チャウ役に、エンターテイナーでお笑い芸人の渡辺直美が決定した。尾野と同じくミニオンの大ファンだという渡辺は、「本当に大好きで、実はミニオングッズが家にあるんですよ。ですから、すごく嬉しかったですし、光栄でしたし、ミニオンたちを助ける素敵な役ということでさらに嬉しかったです」と喜びを爆発。

さらに自身の役どころについて、「子どもたちだけじゃなくて大人もけっこうグッとくる言葉を、マスター・チャウが言ってくれるので。やる気がみなぎるし、彼女の教え方の中に素敵な言葉が入っているのが見どころですね」とその魅力を語った。

『ミニオンズ フィーバー』は7月15日から全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる