1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. iPhoneだけで書類をスキャンしてPDF化する方法! スキャナー要らず、補正機能も簡単・便利

iPhoneだけで書類をスキャンしてPDF化する方法! スキャナー要らず、補正機能も簡単・便利

  • 2022.4.10
  • 105234 views
iPhoneはスキャナー代わりに使うことができます。自動補正もしてくれるので、かなり便利。書類をiPhoneでスキャンして、PDF化する方法を解説します。
iPhoneはスキャナー代わりに使うことができます。自動補正もしてくれるので、かなり便利。書類をiPhoneでスキャンして、PDF化する方法を解説します。

手元にある書類をPDFにしたい! 仕事をしていると、そんな場面も少なくありません。

そこで役立つのがiPhoneです。iPhoneをスキャナー代わりに、書類を写真におさめて、PDF化することが可能です。

しかも、単純に写真にするだけではなく、書類の四隅を検知して傾きや歪みを自動的に補正もしてくれます。

知っておくと助けられるシーンも多いので、ぜひ覚えていってください。

メモアプリの「書類をスキャン」機能を活用する

iPhoneに最初からインストールされている「メモ」アプリ。その名の通り、手書きや図形、写真など、さまざまな形式でメモが取れるアプリです。

このメモアプリに備わっている機能の1つに「書類をスキャン」というものがあります。

この機能を使ってカメラで紙を写すと、紙の四隅を自動的に検知。紙の傾きや歪みを整え、不要な箇所をトリミングし、四角い書類のみをメモの中に残してくれるのです。

「書類をスキャン」機能の使い方

具体的な使い方をご説明しましょう。

1.
まず新規のメモを作成し、カメラのアイコンをタップ。出てきたメニューから「書類をスキャン」を選択すると、カメラが立ちあがります。

2.
PDFにしたい書類にカメラを向けると、紙の四隅をiPhoneが検知して、そのまま自動的にシャッターを切ってくれます。

メモアプリで「書類をスキャン」を選択し、PDF化したい書類にカメラを向ける
メモアプリで「書類をスキャン」を選択し、PDF化したい書類にカメラを向ける


3.
取り込んだ写真は、左下のサムネイルをタップすることで確認・編集できます。

左下のサムネイルをタップすれば確認や編集が可能
左下のサムネイルをタップすれば確認や編集が可能


4.
取り込んだ書類の範囲を調整したいときは、左下のアイコンをタップ。画面に表示された「○」をドラッグして、書類の四隅に合わせます。

書類の範囲を調整したいときは、左下のアイコンをタップ。「○」をドラッグして、書類の四隅に合わせる
書類の範囲を調整したいときは、左下のアイコンをタップ。「○」をドラッグして、書類の四隅に合わせる


調整後「完了」をタップすれば、そのまま連続で複数の書類を取り込めます。

5.
書類のスキャンが完了したら、右下の「保存」をタップ。すると先ほどのメモに、スキャンした書類が貼り付けられます。

右下の「保存」をタップすると、先ほどのメモにスキャンした書類が貼り付けられる
右下の「保存」をタップすると、先ほどのメモにスキャンした書類が貼り付けられる


6.
このままだと使いにくいので、「ファイル」アプリなど、他の場所に移動させると良いでしょう。

画像を長押しするとメニューが表示されますので、「共有」を選択。共有先を選択すれば、PDFとして保存できます。

画像を長押し→「共有」を選択。共有先を選択すれば、PDFとして保存できる
画像を長押し→「共有」を選択。共有先を選択すれば、PDFとして保存できる



写真をPDFに変換する方法

「トリミングとか面倒な手順はイヤだ。手っ取り早く、写真をPDFに変換したい!」という人には、次に紹介する方法が便利です。写真アプリに入っている画像を、簡単にPDFに変換するやり方です。

1.
PDFにしたい写真を選択し、左下の共有アイコンをタップ。表示されたメニューから「プリント」を選択します。

PDF化したい写真を選択し、左下の共有アイコンをタップ。メニューから「プリント」を選択
PDF化したい写真を選択し、左下の共有アイコンをタップ。メニューから「プリント」を選択


2.
印刷用のプレビューが表示されますので、サムネイルをピンチアウトします。すると、画像が拡大表示されるかと思います。

サムネイルをピンチアウトして画像を拡大表示
サムネイルをピンチアウトして画像を拡大表示


3.
そうしたら左下の共有アイコンをタップ。すると、先ほどと同じようにファイルの送付先を選ぶメニューが表示されますが、この時点で画像はPDFに変換されています。

その証拠に、ファイルの種類が「PDF書類」となっていることが分かります。

左下の共有アイコンをタップ。送付先を選ぶメニューが表示されますが、この時点で画像はPDFに変換されている
左下の共有アイコンをタップ。送付先を選ぶメニューが表示されますが、この時点で画像はPDFに変換されている


4.
あとは保存先を選択してあげれば完了です。写真を手軽にPDF化したいときは、この方法がおすすめです。

無料スキャナーアプリ「Adobe Scan」もおすすめ

ここではiPhoneにもともと入っている「メモ」アプリを活用してスキャンする方法をご紹介しました。

ただ、個人的には「Adobe Scan」のほうが手軽で便利なので好みです。もし「メモ」アプリにこだわらないのであれば、こちらのアプリも試してみてください。

「Adobe Scan」は、無料で使える文書スキャナーアプリ。文書をすばやくスキャンし、PDFに変換できます。

iPhoneだけで書類をスキャンしてPDF化する方法
iPhoneだけで書類をスキャンしてPDF化する方法


1.
アプリを起動すると、そのままカメラが立ちあがります。あとは「メモ」アプリ同様、スキャンしたい書類をかざすだけ。自動的に四隅を検知して、シャッターを押してくれます。

書類をかざせば自動で四隅を検知。シャッターを押してくれる
書類をかざせば自動で四隅を検知。シャッターを押してくれる


四隅の位置の調整や、色合いの調整もできます。書類の場合は、カラーではなく、モノクロをベースにしたほうが見やすいことが多いですよ。

2.
スキャンしたファイルは、Adobe のクラウド上に保存されます。

3.
手元のファイルとしてダウンロードしたい場合は、スキャンした書類の一覧から「共有」を選択し、「コピーを共有」をタップすればOKです。

スキャンした書類の一覧から「共有」を選択し、「コピーを共有」をタップすればOK
スキャンした書類の一覧から「共有」を選択し、「コピーを共有」をタップすればOK



文:ばんか(インターネットサービスガイド)

元記事で読む
の記事をもっとみる