仕事しながら、料理しながら。無理なく痩せる「ながら運動」3つ

美容のために運動が必要なことはわかっていても、日々の忙しさから特別な運動をする時間がない、運動が苦手……というのが本音ですよね。運動不足が続くと女子力もダウン!

今回は運動嫌いでもOK、なにかしながらついでに運動力をアップさせる「ながら運動」をご紹介します。

運動がもたらす美容効果とは?

運動をすると、筋肉が動いて血液やリンパの流れがよくなります。すると、余分な脂肪や老廃物が排出されて太りにくい体型に。さらにお肌に必要な酸素や栄養素がすみずみにまで行きわたり、若々しくハリツヤのある美肌づくりに役立ちます。よく「運動を習慣にしている人は、いつまでもきれい!」といわれていますが、新陳代謝がアップすると顔色や透明感にも影響が。

また運動をすると「成長ホルモン」が分泌されます。新陳代謝が活発になり、お肌の再生力もアップ。ダイエットだけではなく美肌効果も得られます。

日常で無理なくできる運動をはじめよう!

「でも運動するのは苦手」「運動する時間なんてないし」とアンチ運動派の方だってたくさんいらっしゃいますよね。運動といっても、ジムなどに通ったり、水泳をしたりと特別なことをする必要はありません! もちろんジムや水泳に行ければいいですが、続かなければ意味がありませんよね。日常生活のなかで無理なく体を動かして、そしてそれを毎日続けることが一番大切なのです。

目安は「1日15分」。ウォーキングやストレッチを行ったり、エレベーターやエスカレーターを避けて階段を使う。通勤やお買いものの際には、できるだけ体を動かすよう機会を増やしましょう!

仕事しながら、家事しながら。「ながら運動」で運動不足を解消!

デスクワークの方は運動不足になりやすいものですよね。お仕事の合間にできちゃう「ながら運動」で、賢く運動量をアップして新陳代謝アップに役立てましょう。

1. 作業のあいだに上体ひねりデスクワークをしながら、上半身をストレッチしましょう! お腹の筋肉を伸ばして、内臓の働きを活発にするので便秘気味の方にもオススメです。

1) イスに浅く座り、イスをまわして左へ90度回転させます。上半身はデスクに向かってひねり、キーボードに手をおいて60秒間キープ。

2) 反対側も同じように回転させて、左右2回1セットを5回ほど行います。お腹をへこまして、背筋を伸ばしながら行いましょう!


2. デスクの下で太もものストレッチデスクワークのあいだに足のエクササイズを! 太ももの筋肉を鍛える運動なので、下半身全体の血行がよくなります

1) 右足を90度に曲げて固定します。左足を右足のアキレス腱にあてて、力を入れて押す。

(右足を左足で押す)次は右足の甲にあてて、前から後ろに押す。

2) 軸を左足にして同じように行います。ひとつの動きを10秒ずつキープしましょう!


3. キッチンでかかとの上げ下げ料理をするときだって、ながら運動はできます! ふくらはぎの筋肉を刺激して血行促進。1日3セット行うと運動不足解消に。

1) 背筋を伸ばしてお腹に力を入れて、足を軽く開いて立ちます。

2) この姿勢でかかとの上げ下げを1秒に1回のペースで20回繰りかえす。1セット終わったら、つま先を立ててふくらはぎの筋肉を伸ばしましょう!

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。