30代になってクラブに出陣したときに感じる7つのこと

「週末クラブに繰りださないで何をする!」くらいの勢いで20代のころクラブで遊んでいたという人も、30代になると少し違ったものをそこで感じるようになるようです。そこで今回は30代になってクラブに出陣したときに感じる7つのことを集めてみました。

1. イスに座っている時間が多くなった

若いころはクラブに入った瞬間からフロアが明るくなるまで踊りたおしていたのに、年のせいか休憩をはさむ回数が多くなったこと。さらに始発まで踊りあかそうという意気ごんで行ったものの、夜中2時ごろにはもう帰りたくなるなんて事態になることもしばしばあったりするのです。タクシー代1万円を払ってでも家に帰りたいと思ってしまったりもします。

2. クラブのドリンクが高すぎると思うようになる

飲んで踊って楽しい時間を過ごせればいいという思いが強かった20代前半のころは、お酒の値段についていちいち気にしていなかったものの、貯蓄をするようになってからはクラブで提供されるお酒の価格にピリピリするように。居酒屋よりも値段が高めですからね。

3. 自分が一番年上かもしれないと感じる

とにかくまわりが若く見える! そしてそれは事実で、ふと「え? もしかして私が最年長!?」なんて思ってしまうことも。

4. 若い女の子をつかまえようとするおっさんをみかけると悲しくなる

おっさんとはいえ、自分と同じくらいの年齢の男性が必死で20代前半の女の子の後ろを追いかけまわし、気を引くためにお酒をおごっている様子を見ると悲しくなること。だってそんなことしたところで、彼女のハートはゲットできないのですから。

5. クラブのエントランスにならぶのが面倒くさい

たくさんの友だちとワイワイ言いながら入場するまでの長い時間を楽しく過ごしていたあのころとは違い、クラブ仲間もいなくなってしまった今。ただ音楽をきいて踊るために1人でクラブにくるようになったあなたは、騒ぎまくる若い子たちに囲まれ、ただただ「早く中にいれてくれ!」と思い続けるという試練を受けなければならないのです。

6. 誰にも声をかけられない

べつに話しかけられることを求めているわけではないし実際声をかけられても面倒くさいのだけれど、誰か近づいてきたのに顔をじっと見られた挙句、声をかけられなかったという状況に何度もおちいるとだんだんイライラしてくるものです。

7. 盛りあがりどころがまわりと違う

「パーティーの雰囲気を楽しむ」ことに重点を置いていた20代から「音楽を純粋に楽しむ」という方向にシフトした30代の今では、まわりの若い人たちと盛りあがりどころがずれていると感じることも。まあこれはしかたのないことなのかもしれません……。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。