1. トップ
  2. 恋愛
  3. 私セカンドかも。キープの女性にやりがちな本命との対応の違いとは

私セカンドかも。キープの女性にやりがちな本命との対応の違いとは

  • 2022.4.1
  • 660 views

「これって本命じゃなくてキープされている…?」このように感じると、モヤモヤしますよね。 もし自分がキープされている可能性が高いと思ったら、連絡したときの態度などをチェックしてみるとわかるのかもしれません。 彼からキープ扱いされているような気がしたら、今回の記事を参考にして分析してみてくださいね!

キープの女性には表面上のことしか教えない

男性は本当に好きになった女性には自分のことを知ってもらうために、積極的に自分の情報を明かす傾向があります。 一方、キープの女性には自分のことをあまり知られたくないと考えるため、表面上のことしか話さないことが多いのです。 相手の男性が自分のことを教えてくれないと感じるのであれば、それはあなたのことをキープ扱いしているからなのでしょう。

いつもあなたから連絡するのであれば実は本命は別にいるのかも

LINEや電話で連絡を取っているからといって、本命扱いされているとは限りません。 もし連絡はしているとしても、彼からまったく連絡してこないのであれば本命の女性が別にいる可能性が考えられます。 そのため「彼からは、そういえば連絡もらったことないなぁ」と感じたら、要注意なのかもしれません。

キープの女性だから自分から会話を続けようとはしない

「彼がいつも話を聞いてくれているから両想いかも!」と考えるのは、実はNGです。 本当に好きな相手であれば、男性は話を聞くだけで終わらずに会話が続くように工夫します。 そのため、彼と話しているとき「うん」「そうなんだ」など単調な言葉しか返ってこないようであればキープ扱いされている可能性が高いでしょう。


もし「私って彼のセカンドなのかな」と感じることがあれば、今回の内容に当てはまる部分があるのか探してみましょう。 該当する部分が多数あった場合は、残念ながらキープ扱いされている可能性が高いでしょう。 その場合は、キープ扱いせずに自分のことだけを一途に愛してくれる男性を探すのも1つの方法なのかもしれません。

元記事で読む
の記事をもっとみる