展覧会『Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演』東京国立近代美術館で開催

東京国立近代美術館にて、展覧会『Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演』が開催。会期は、2015年10月6日(火)から12月13日(日)まで。

本展は、1972年に京都市美術館で開催された「映像表現 '72」展を再演するもの。過去の展覧会を懐古的に「再現」するのではなく、「再び舞台にのせる」こと、つまり「再演(replay)」し、そして「再生 (replay)」することを趣旨としている。

京都での開催では、大陳列室約400㎡を使用し、映画館やホールでの上映ではなく、展覧会形式で複数の作家の映像作品が発表された。薄暗がりの中、16名の美術家による映像作品がそこかしこの壁やモニターに映し出され、映写機やビデオデッキ、スライドプロジェクターの機械音が響く。エンドレス上映するためにフィルムが蜘蛛の巣のように張り巡らされ、かつてない不思議な空間が会場に広がった。その光景を見た出品作家の一人は「新たな時代の幕開けの音を聴いた」と言ったほどだ。

東京で再演される本展では、時代や土地のズレがありながらも、重なる2つの展覧会を楽しむために、会場の構成にこだわっている。会場図面や記録写真、カタログ、展評、出品作家の記憶などから会場面積や機材の種類、配置など、あらゆる要素をできる限り正確に割り出した。また現在では極めて困難な8ミリフィルムの複製にも挑戦し、実際に8ミリフィルムでの上映を行っている。

【展覧会概要】
Re: play 1972/2015―「映像表現 '72」展、再演
会期:2015年10月6日(火)〜12月13日(日)
会場:東京国立近代美術館 1階企画展ギャラリー
開館時間:10:00〜17:00 (金曜は20:00まで) 入館は閉館の30分前まで
アクセス:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩3分
観覧料:
一般900(600)円、大学生500(250)円 ※高校生以下および18歳未満、
障害者手帳の所持者とその付添者(1名)は無料
※( )内は 20名以上の団体料金。
※上記料金で入館当日に限り、同時開催の「MOMATコレクション 特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。」「コレクションを中心とした小企画 てぶくろ|ろくぶて」も鑑賞可能。
※使用済み入場券で、入館当日に限り再入場が可能。

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。