スタイリストが提案!ベーシックアイテムを即今っぽくする方法【ジャケット編】

春夏秋冬、「これだけは裏切らない!」なんて、とにかく使えるベーシックなアイテムがあるもの。でもベーシックなぶん、ついついいつも同じ着こなしになってしまったり、自分で考えても変わり映えがしない……なんてことも多々。

そんなアイテムを、腕利きのスタイリストたちが今っぽくコーディネートしたら、どんなスタイルが完成するのでしょうか?

『Domani』10月号では、正真正銘同じベーシックアイテムを使って、スタイリスト4人が競演! それぞれが考える“オンリーワン”の着こなし術を、じっくりと解説します。

今回はこの「黒テーラードジャケット」(¥43,000<オンワード樫山[BEIGE.]>)を使用。

働く女の代名詞・黒ジャケットは、時代や気分を顕著に体現するアイテム。だからこそ、シーズンごとにアップデートする必要があるんです。

引き算の女らしさが主流の今季なら、漆黒のツヤが今っぽい、身体のラインに沿うシャープなものを選んで。

右:【大人スパイシー派・望月律子さん】「シャープでかっこいい女らしさを前面に」

「サイドのストライプ柄が効いたメンズ風シルエットのデニムを合わせて、攻めの着こなしに挑戦。ジャケットとパンプスに女らしさを託したら、サングラスや時計も男前にまとめてキレ味よく」(望月さん)

左:【きれいめシンプル派・高杉しのぶさん】「きちんと感が漂う通勤スタイル」

「今まではジャケットをカジュアルに着くずすことが多かったのですが、今季は私の中で“きれいめシンプル”が回帰しています。かといってコンサバに着たいわけではなくて……。とろみのあるカーキのトップスとラフなタイトスカートをセットアップ風に合わせて、都会的ないい女を意識してみました」(高杉さん)

右:【いい女ストリート派・山﨑ジュンさん】「パンチの効いた小物で遊んで」

「オーバーサイズの白Tとチノパンで身体を泳がせながらも、ジャケットできちんと大人の女性らしく、締めるところは締めて。薄いピンクのリップもアクセサリーの一部と捉えます」(山﨑さん)

左:【等身大モード派・難波洋子さん】

「黒ジャケットを着ているけど親しみやすい、そんな着こなしを目指して、コンパクトな白スウェットとピンストライプのショートパンツを合わせてみました。足元も軽快なスリッポンで気負わずに」(難波さん)

4人がジャケットのインナーに選んだのは、首の詰まったクルーのトップス。素材や色は違っても、クルーネックのインナーを選び、全体をベーシックカラーで辛口にまとめるのが今っぽく着こなす秘訣のようです!(鈴木 梢)

★スタイリストが提案!ベーシックアイテムを即イマっぽくする方法【タイトスカート編】

『Domani』2015年10月号(小学館)

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。