1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 酔った勢いでYOSHIKIとアンダーソン・パークが「ボヘミアン・ラプソディ」でセッション

酔った勢いでYOSHIKIとアンダーソン・パークが「ボヘミアン・ラプソディ」でセッション

  • 2022.3.22
  • 6147 views

大ヒットドラマ『イカゲーム』の出演者やX JAPANのYOSHIKIが食事会。その中には、スーパーボウルのハーフタイムショーで話題になった、アンダーソン・パークの姿もあった。(フロントロウ編集部)

日米韓のセレブが大集合

現在、ブルーノ・マーズと共にシルク・ソニックとしてラスベガスで定期公演を行なっているアンダーソン・パークといえば、2月に開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーで、エミネムのパフォーマンス中に楽しそうにドラムを叩く姿が映し出されて話題に。

画像: 日米韓のセレブが大集合

アンダーソンは、つかの間の休日に友人たちと食事会を開催したのだが、メンツがかなり豪華だと話題に。

その食事会に集まったのは、Netflixの大ヒットドラマ『イカゲーム』に出演していたイ・ジョンジェ、チョン・ホヨンに加え、映画『空気人形』などでお馴染みのペ・ドゥナや『パチンコ』のイ・ミンホなどの韓国俳優勢、さらに日本を代表するロックバンドX JAPANのYOSHIKIと、かなり豪華なメンツが勢ぞろい。

異色ともいえるこの食事会では、なんと酔った勢いでアンダーソンとYOSHIKIの即興セッションが実現。アンダーソンがドラムを、そしてYOSHIKIがピアノを担当し、クイーンの大ヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」をセッションした。

ドラムを叩きながらアンダーソンが歌うだけでなく、食事会にいた人も一緒に熱唱。人気俳優たちは、突然はじまった2人の人気アーティストのパフォーマンスに酔いしれた。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる