1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「辞典をさしあげましょうか?」地方の”なまり”にいちいち反応するモンペママ。毎回の授業では【差し入れ】まで持ってきて…?!<私の身近にいた”モンペ”エピソード>

「辞典をさしあげましょうか?」地方の”なまり”にいちいち反応するモンペママ。毎回の授業では【差し入れ】まで持ってきて…?!<私の身近にいた”モンペ”エピソード>

  • 2022.3.22
  • 6491 views

ある程度子どもが大きくなると、子どものことと同じくらいに悩ましいのが「ママ友」。 今回は、ユーザーがママ友でちょっと頭を悩ませたエピソードをご紹介します!

塾に来たモンペママ

塾講師をしているのですが、厄介な方がいました。 その方はいかにも仕事ができる感じのお母様で、まず娘さんを入塾されるにあたりなぜか私への質問が面接のようでした。 「先生のbackgroundをお聞かせ願える?」「教育者として何がmottoなの?」「これからのご自身のcareerは?」とルー大柴のごとく流暢な英語を交えながら…。 すぐ退塾することになり、テキスト代など未納の説明をすると「そんなの聞いてない」「どんな法律なんだ」「今までの交通費を払え」などわけのわからないごねかたをされました。 結局は「ほかの方にお安く譲ってあげて」とテキスト購入もされず教室に置いて行かれました。 (35歳/塾講師)

塾に来たモンペママ2

初対面からノリよくお話をされる派手目お母様でした。 お世辞にも子どもさんはそんなに頭のいい子ではなく、努力をしないと身につかないタイプの子でした。 お母様は、毎回授業のたびに講師に差し入れを持ってきては「うちのバカ息子がお世話になっております。」と高級菓子から雑貨まで気に入ってもらおうという雰囲気がでていました。 私は地方出身のため、言葉のはしに多少なまりが出ます。 例えば二音節で「かき」は、柿と牡蠣が標準語と逆になってしまいます。 気を付けてはいますが、どうしてもでてしまうこともあり…。 そのようなときは「先生、今なんておっしゃいました?」「辞典をさしあげましょうか。」「お国が・・・おほほほ」のように上から目線です。 ご本人は東京生まれ東京育ち港区から一歩も出たことが無い由緒正しいお嬢様らしいです。 しかも放送関係のお仕事をされていたので、ことさらイントネーションには厳しく、さんざんこき下ろされました。 (35歳/塾講師)

いかがでしたか?

いろんな人がいるとはいえ、できれば円満な関係を築いていきたいですよね…。 ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。 (liBae編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる