荒ぶる浦島太郎?グリムに負けず劣らずセクシーな日本の昔話【恋占ニュース】

汚れを知らぬ子どもの頃、ワクワクしながら読んだ「おとぎ話」。美しいストーリーの数々に「いつか私の所にも王子様が…」なんて妄想をふくらませた人も多いのでは?

そんな夢物語をぶち壊してくれたのが、1998年に発売された書籍『本当は怖いグリム童話』。

憧れだった白雪姫やシンデレラは、実は子ども向けにアレンジされたもので、原作はかなり猟奇的、且つエグい内容だったことが世に知れ渡りました。

≪オトナの女のための童話?≫

あれから17年。今度は、大人の女性向けにアレンジされたちょっとエッチな童話集『大人のためのエロティック童話13篇 美女と野獣 他』(ナンシー・マドア著)が登場。

こちらには「白雪姫は7人の小人(魔法で小人の姿に変えられた王子様たち)に毎夜愛された」「シンデレラは魔女にガラスの靴ではなく、ピンクの柔らかい靴を与えられ、心身ともに解放されて王子様にあれやこれやとご奉仕」といった、あらすじだけ聞くとちょっと笑える物語が収録されています。大胆な性描写は必見!

ところで、我が国の物語だってシチュエーション的にはエロ要素満載!

古来よりセックスは五穀豊穣の象徴とされ、キリスト教文化が流入するまではタブーどころか、むしろ喜ばしいものとされていたくらいですからね。

そんな背景からか、日本の昔話には原作がエロいものが多数見られます。今回はそれを少しだけご紹介しましょう。

≪「桃太郎」の母はおばあさん?≫

言わずと知れた桃太郎。川で洗濯していたおばあさんが流れてきた桃を拾って帰ったら、そこから男の子が生まれた、というお話ですね。

実はこれは、明治時代以降に書き換えられたものなのだとか。本来は流れてきた桃をおじいさんと一緒に食べたところ、2人とも元気になってひさしぶりに燃え上がり、男の子が生まれた、なんてお話だったそうで。桃のパワーってすごい!

ちなみに「かぐや姫」や「瓜子姫」のおじいさんとおばあさんも竹(筍)や瓜のおかげで子どもを授かったという説も。

桃も筍も瓜も漢方では精力剤…と考えると納得できますね。

≪荒ぶる「浦島太郎」≫

亀を助けた浦島太郎が竜宮城で歓待される、というあの物語。

よく知られているストーリーでは、悪ガキにいじめられている亀を助けるところから始まりますが、原作とされる『日本書紀』では「釣りあげた大亀が女性に変わり、興奮してモノにしてしまった」のだそうです。

さらに、海に逃げた亀(女性)を追って潜るうち、竜宮城に着いたのだとか…。

船の上でヤッちゃった上に逃げた女性を追いかけるとは…浦島さん、かなり荒ぶってますね。

また、後世に書かれたとある文献には、竜宮城での乙姫様との過激な性生活が事細かに描写され、とても子どもたちに読ませられるお話ではなかった、とも言われています。

これはもしかしたら当時の大人たちが楽しむための、エロアレンジだったのかも。

≪「鉢かづき姫」はテクニシャン?≫

観音様のお告げによって頭に鉢をかぶせられた娘が、不幸に見舞われながらも、最終的には素敵な男性に見初められるというシンデレラストーリー。

そこだけ聞くときれいなお話ですが…いろいろあって、とある貴族の家の下働きとなった娘が、その家の息子の心を奪ったのは、心根の優しさとかではなく、風呂上りの肌の美しさゆえなんですよね。この時点で、なんかもう…って感じ。

さて、息子は毎夜鉢かづき姫の寝床である馬小屋に通い、もう彼女ナシではいられないほど夢中になったのだとか。

男性をそこまで魅了した鉢かづき姫は、馬小屋でいったい何をしていたんでしょう?

フロイトの精神分析学によると、壺やほら穴などは女性器を象徴するもの。彼女の場合は鉢をかぶっていたわけですから…相当な名器の持ち主だったと考えてもいいかもしれません。

顔を隠しているにも関わらず、そこまで夢中にさせたってことは、言葉では言い尽くせないほどのテクニシャンだった可能性も?

洋の東西を問わず、何かとグロ要素が多く、不幸な形で訓話的に終わることの多い昔話。ですが、そこにエロ要素が加わると、誰もがにやりとしてしまう物語に変わってしまうから不思議。

読書の秋、長く静かな夜には大人向けの童話を読むも良し、自らの脳内でエロアレンジするも良し。たまには、子どもの頃に読んだ物語を、大人目線で楽しんでみてはいかがですか?

(文=石村佐和子)

元記事を読む
提供元: cocoloni PROLOの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。