1. トップ
  2. 伝説のロックバンド、紫のドキュメンタリーがワールドプレミア!「第14回沖縄国際映画祭」特別招待作品が発表

伝説のロックバンド、紫のドキュメンタリーがワールドプレミア!「第14回沖縄国際映画祭」特別招待作品が発表

  • 2022.3.18
  • 120 views

昨年に引き続きオンラインも併用の上、4月16日(土)と4月17日(日)に開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭」。その映画部門「特別招待作品」のラインナップが発表された。

【写真を見る】今年は本土復帰50周年!沖縄の熱気を届ける注目作がラインナップ

【写真を見る】今年は本土復帰50周年!沖縄の熱気を届ける注目作がラインナップ [c]株式会社エコーズ
【写真を見る】今年は本土復帰50周年!沖縄の熱気を届ける注目作がラインナップ [c]株式会社エコーズ

今年は沖縄県が本土復帰50周年の節目ということもあり沖縄を舞台にした作品を多数用意。那覇市にある「桜坂劇場」にて上映が行われる映画部門では「特別招待作品」、「特別上映作品」、「沖縄ヒストリカルムービー」、「地域発信型映画」、「クリエイターズ・ファクトリー」の5つの部門に分けて23のプログラムを上映する予定となっている。

これから公開を控える新作を中心とした「特別招待部門」では、沖縄の伝説的ロックバンド、紫がベトナム戦争景気や沖縄本土復帰当時の熱気を語り、紫に影響を受けた聖飢魔IIやXJAPAN、BEGINなど多くのミュージシャンが紫への思いを語るドキュメンタリー『紫』が、映画祭バージョンとしてワールドプレミア上映。

ほかにも馬場ふみかが主演を務め石垣島を舞台にした『てぃだ』や、歴史が激しく移り変わる1970年の沖縄、コザを舞台にしたショートムービー『あの夜、コザにいた。』、中国製作の映画で日本人女優として初の主演を務めた中西悠綺が出演する『ワンダフル旅行社』など幅広い作品がラインナップ。

その他の上映作品、関連イベントについては順次発表予定。春の沖縄をにぎわせる本映画祭から目が離せない!

文/久保田 和馬

元記事で読む
の記事をもっとみる