いざ旬の野菜を食べて秋の美肌をつくろう! 秋野菜は食べる美容液!

野菜の美味しい季節がやってきました。「食欲の秋」といわれるほど、秋の旬野菜は「食べる美容液」といっても過言ではないほど新鮮で栄養価が高いのが特徴です。

栄養たっぷりの野菜を育てるにはよい土壌が必要。人間も同じく美肌を手にいれるにはまず、内がわに栄養を与えて元気にしてあげることが大切です。さっそく、野菜のなかでも美肌に効果的な旬野菜をたっぷり食べて肌にみがきをかけましょう!

コレがおすすめ! 6つの美肌食材

1. ブロッコリー美白美肌のために不可欠なビタミンA・C・B1が豊富。ミネラル分も多く脂肪を燃焼させて基礎代謝をあげてくれる作用もあります。特にビタミンCが豊富なため、シミがめだってくる夏の終わりから秋にかけて積極的にとりいれて美白をめざしましょう。栄養素をそこなわないためにもサッとゆでて。

2. にんじんベータカロテンが豊富で筆者はシミとり食材ともよんでいます。また体の酸化も防ぐため、美力を底あげする栄養素の宝庫といえます。生でも焼いてもゆでても煮ても美味しいにんじんは、料理のレパートリーも豊富。

3. オクラオクラのねばりは食物繊維の仲間であるペクチンとタンパク質の一種のムチンによるもので、ネバネバ食材のなかでも栄養素が優れています。整腸作用がありコレステロールをさげる働きがあるので、健康的にダイエットしたいなら必須!

4. かぼちゃ免疫力を高めて、美を底あげするベータカロテンやビタミンC・Eが豊富。抗酸化力が高いため老化予防を目ざせます。煮物やスープにするとたくさんとれます。また脂溶性ビタミンを多くふくむので油と調理すると栄養素の吸収も高まりさらに◎。

5. パプリカパプリカは美肌にかかせないビタミンCがとても豊富。また色によっても楽しめます。抗酸化作用が高い赤、美白効果の優れている黄色、その両方をもちあわせているオレンジ……。体の状態や必要としている効果によって使いわけると上級者。ジューシーな触感をいかすならサラダやグリルがおすすめ。

6. トマトリコピンの赤い色素には「体のサビを防ぐ=美白をうながしてシミやシワを予防する」働きがあります。また熱に強い栄養素なのでサラダだけでなく煮こみやグリル調理にもおすすめです。1日1個をめやすに続けてみて!

まとめ

野菜がますます美味しい季節です。しかもこれらは冷蔵庫に常備しておいても日もちする野菜なので、自炊が苦手な人にもおすすめ。いろどり豊かな料理をさっそく楽しみながら美肌をつくっていきましょう。内側からつくる美肌は外部刺激にも負けない強いアンチエイジングの味方ですよ。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。