金曜の夜はaggiiiiiii散歩 第41回:「あなたを選んでくれるもの」

原稿の〆切が迫っているのにマジでなんにも書くことが浮かばない……うわ~んどうしよう!! という状況に陥ったとき(まあほぼいつものことなのですが)、おのずと脳内で再生されるのが映画『ザ・フューチャー』(2010)のワンシーン。ミランダ・ジュライ演じる売れないダンサーのソフィーが一念発起し、新しいダンスを創作しようと自分を追いつめるも、結局煮詰まってキーッと地団駄を踏むところです。

でもじつはこのとき、ソフィー以上に絶望的にもがき苦しんでいたのが、脚本に取り組んでいた現実世界のジュライ本人(ジュライは監督・脚本・主演の三役)だったとか。ストーリーをどう展開すればよいかわからなくなった彼女は、ただただ制作作業から逃げたい一心でタウン誌に載っていた「売ります」広告の主に電話をかけ、見知らぬその人にインタビューする約束をとりつけてしまいます。この行動がどこにつながるか、なにに導いてくれるかなど知りもしないまま、ほんとは全然そんなことしてる場合じゃないのに、欲しくもない<黒革のジャケット 10ドル>を売りに出すマイケルの元へ車を走らせるジュライ。ところが扉を開けてあらわれたこのマイケルという人が……。

もう、これは!! と、わたしは目をもりもり見ひらきました。しょっぱなからこれかよー! さすがジュライ、ひきがつよい!! ハリウッドの片隅でひっそりと、しかし年老いてなお本当の自分らしく生きることをあきらめないマイケルと出会ったジュライは、ネット検索が中心となっていた自分の頭の中がどれほど小さなものであったかを知ります。そして、もっともっと生の人間の声を聞くべく、「売ります」の広告主たちにかたっぱしから会いにいくことを決意するのです。そうして出会った人々に行ったインタビューをまとめたドキュメンタリーが、発売されたばかりのミランダ・ジュライ著『あなたを選んでくれるもの』(新潮クレスト・ブックス)。

ふつうのひとへのインタビュー? おもしろいの? ANSWER→「め~っちゃおもしろい!!」圧倒されるのは、本書に登場する人々の、ときには鼻が曲がりそうになるほどむわっとした人間くささ。ふつうのひとなんてどこにもいないんだよなーとあらためて思います。しかしなんといってもジュライのこと、これが単なる人間賛歌ストーリーになるはずもなく、正直でひょうひょうとした(ときに失礼な)コメントに笑ってしまう。なんだけれども最後には、こじらせていた映画にも絶妙なヒントを見つけ、ふたつを見事につないでゆくのです。やあ、これはほんとうにすごい本だよ。

Illustration : aggiiiiiii
*************************
aggiiiiiii(アギー)
兵庫県生まれ、東京在住。2007年よりオルタナティブカルチャージン『KAZAK』をはじめ、2013年にはソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』のオフィシャルファンジンも手がけた。とりあえずなんでもDIYでやろうとする。旅行が好き。http://www.kazakmagazine.blogspot.jp

参照元:VOGUE GIRL

元記事を読む
提供元: VOGUE GIRLの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。