1. トップ
  2. おでかけ
  3. 足元ぬくぬく・ほっこりのこたつ船で国宝「松江城」のお堀をゆら~りゆらり【島根県・松江】

足元ぬくぬく・ほっこりのこたつ船で国宝「松江城」のお堀をゆら~りゆらり【島根県・松江】

  • 2022.3.8
  • 536 views

国宝・松江城をぐるりと囲むお堀を、ゆ~らゆらのんびり巡る“ぐるっと松江 堀川めぐり”こと「堀川遊覧船」。冬にはこたつ船も運行され、ほっこり温かい中、城下町の風情を残す松江の街並みを水上から楽しめます。

 

冬限定の「こたつ船」でのんびり楽しむ舟遊び

国宝・松江城のお堀をぐるりと巡る“ぐるっと松江 堀川めぐり”は、1周約3.7km、50分ほどの遊覧。乗船場所は、「大手前広場」「カラコロ広場」「ふれあい広場」の3カ所。どこから乗船しても下船しても大丈夫。1,500円の1日乗車券なので、何度でも乗り降りでき、松江巡りの交通手段として活用する方法も。15~20分ほど待てば次の船がやってきます。

今回は、松江城のたもとにある「大手前広場」から乗船。

11月~4月は、冬の風物詩でもある豆炭を使った“こたつ船”が運航。水面を渡る風は冷たいので、足元がほっこり温かい“こたつ船”は風情たっぷり。夏にはチリンチリンと涼を運ぶ“風鈴船”が運航するのだとか。

へさきから、靴を脱いで乗船する船の大きさは、全長約8m、幅約2m。写真を撮るなら最後に乗船すると進行方向1番前に。船頭さんの近くでガイドをよく聞きたければ最初に乗船すると、進行方向1番後ろの船頭さんの近くに。

早速、おこたに足を潜り込ませて、ぬくぬくしながら、お殿様気分で舟遊びを楽しみましょう。

見えてきたのは武家屋敷が連ねていた、江戸時代の面影を残す「塩見縄手(しおみなわて)」。

堀幅も広く、青空が水面に映り込んで美しいこと。

頭を下げろ~! 17の橋を通り抜ける堀川めぐり

堀川めぐりは、歴史地区・自然地区・市街地区の3つのエリアからなり、先ほどの「塩見縄手」は歴史地区。そこを抜けるとだんだんと堀幅も狭くなり、鬱蒼とした緑に包まれた自然地区に。

全部で17の橋を通り抜けていくのですが、ここからが堀川めぐりの真骨頂!?

前方に見えてきたのは「うべや橋」。なんだか橋の高さが……

船頭さんの合図とともに、屋根が下がり、体を倒してこたつに顔を付けるような格好に!

だって、こんなに低いんですよ~!! しかも約40m続きます。

このように橋の高さが低くて、屋根を下げて通り抜ける橋は全部で4橋。この「うべや橋」のほかに、「甲部橋」「新米子橋」「普門院橋」があり、ちょっとしたアトラクションのよう。

橋の下の反響が一番いいという「幸橋」では、船頭さんのエコーを聞かせた美声も!

変化に富んだ街並みを楽しみながら

「大手前広場」乗船場の調度反対側にあたる、「カラコロ広場」乗船場近くまでやってきました。こちらが市街地区。真っ白な石造りの建物は「旧日銀松江支店ビル」。

川沿いには飲食店やおみやげ屋さんが点在し、そぞろ歩くにはぴったりのエリア。

“頭下げ注意!!”の看板が示すように、「甲部橋」でも体を傾けた態勢を!

歴史地区に戻ってきたら、お堀越しに松江城を望むビュースポットで締めくくり。乗船してきた「大手前広場」乗船場へと、ゆらりゆらりと船は向かいます。

ぐるっと松江 堀川めぐり(堀川遊覧船)

住所:島根県松江市殿町193(大手前広場乗船場)

営業時間:9:00~17:00(季節により異なる)

定休日:なし(荒天時は運休)

料金:1日乗車券1,500円

アクセス:JR「松江駅」よりバスで「国宝松江城県庁前」下車、徒歩約1分

※2022年3月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため営業時間やサービス体制などが通常と異なることがあります

[Photos by (C)tawawa]

 

元記事で読む
の記事をもっとみる