もう揚げ物を我慢しなくてもOK!ダイエットに役立つ油の摂り入れ方

ダイエットのためはあまり良くない…、と分かっていてもフレンチフライや唐揚げなど、揚げ物が大好き! という方は多いのではないでしょうか。そんな油ものが好きな方は、良質オイルを食事に摂り入れてみてはいかがでしょうか? 良質オイルを摂りれることによって、ダイエットのサポートになるようですよ。

■油ものが美味しいと感じる理由

油を食べると、脳の報酬系と呼ばれる部分が刺激され、快楽物質が放出され本能的に「おいしい」と感じる仕組みになっているのだそうです。

ちなみにこの作用は甘いものにも同様の働きがあり、疲れた時やストレスが溜まっているときに、甘いものや油ものが食べたくなるのは、快楽物質を放出してリラックスしたいと脳が考えているからだと考えられています。

しかし、逆にこの仕組みを上手に利用することができれば、食事の満足感を高めることができるのです。油が加わることでおいしさと満足感がUPしますから、薄味や少量の食事でも食べごたえのある食事と感じることができるんです。

■ダイエットにもOK!?油の上手な取り入れ方

●オリーブオイル・亜麻仁油など良質オイルを選ぶ

油をダイエットのサポートに効果的に役立たせるには、オリーブオイルや亜麻仁油、エゴマ油、ココナッツオイルなどの良質オイルを摂り入れましょう。

これらの油には、身体に必要な「必須脂肪酸」が豊富に含まれており、抗酸化力を高める、血管を丈夫にする、糖の吸収を穏やかにするなどの効果が期待できます。 ただし、亜麻仁油やエゴマ油は加熱すると酸化してしまうため、サラダにかけるなど非加熱で使いましょう。

●いつもの食事に摂り入れるには?

・パンのバターを良質オイルに変える

・ご飯は、オリーブオイルを使った「ライスサラダ」にする

・お豆腐を良質オイルドレッシングで食べる

・マヨネーズやソースの代わりに、良質オイルドレッシングを使う

・フレンチフライなどの揚げ物に使う油を、オリーブオイルやココナッツオイルにする

ただし、良質オイルとはいえ、油には1gあたり9kcalの熱量があります。成人女性の1日の脂質推奨量は50gなので、ダイエットのために摂り入れるのであれば、大さじ2~3杯を目安にしましょう。

ついつい食べ過ぎてしまう糖質の多い炭水化物にプラスして食べ過ぎの予防に、また、サラダ油を良質オイルに、調味料を良質オイルドレッシングで代用しても◎。上手に摂り入れて、食べる楽しみを味わいつつダイエットも心がけたいですね。

(岩田 麻奈未)

元記事を読む
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。