1. トップ
  2. 「夕飯、適当に食べて」体調が悪く夫にSOS。すると夫は急に怒り始め…

「夕飯、適当に食べて」体調が悪く夫にSOS。すると夫は急に怒り始め…

  • 2022.3.4
  • 10258 views

普段、家事全般を担当している私。ただ、PMS(月経前症候群)で体調不良を起こすことがあり、そんなときに一番つらいのは料理をつくることです。ある日、私は夫にSOSを出してみたのですが……。

私のPMS症状

私の場合のPMS症状は、胸の張り、体のだるさ、情緒不安定、イライラ、抑うつ、眠気、不安、希死念慮、過食、めまい、むくみ、腹痛、頭痛など。これらの症状にも波があり「今月は頭痛がひどいな」「今月は情緒が不安定過ぎて何もできないな」などということがあります。

その対処法として、生理前から生理中の諸症状に効く、市販の生理痛薬などを服用しつつ、症状の嵐が過ぎるのをじっと耐えて待っています。

夫にSOSを出しにくい

PMSは毎月訪れるものなので、私にとっては、毎月自分でコントロールしきれない体調不良が起こることが当たり前になっています。しかし、夫にとっては、体調不良というものは風邪をひいたときなどに起こるものでそんなに頻繁になるものではなく、私が「毎月不調になる」ということが理解できないようでした。

以前私がPMSで体調が悪かったときに「体調が悪いので寝るね。夕飯、適当に食べて」と伝えると、夫に怒られたことがあります。そのときの私には、このひと言を言うのも精一杯だったのですが、夫からしたら「適当に」という表現が癪に障ったようなのです。

そのほかにも、調子が悪いときや疲れたときに、夕飯をデリバリーに頼ろうとすると嫌な顔をされたり、無視をされたりすることもありました。PMSがつらくてベッドで休んでいるときに、同じ部屋で銃撃戦ゲームをしている夫に「ヘッドホンをつけてプレイしてほしい」と何度頼んでも「耳が痛くなるから」と、こちらの体調不良に気をつかってくれないこともありました。

しかし私は、その都度、PMSというものが生理の10日ほど前から毎月訪れること、人によって症状や重さはそれぞれで私の場合の症状などを「もっと理解をしてほしいな」と思うときに伝えました。

さらに、婦人科に行ったり低用量ピルを試してみてもあまり効果を感じなかったこと、体調を整える努力を自分なりにしていて夫になるべく迷惑をかけないようにしていることなどもアピールしていったのです。すると……。

頼みづらかった夫を頼ってみた

その日も、私はPMSで体調が悪く、とても夕飯の支度ができる状態ではありませんでした。私は、断られても仕方ないと思いつつ、仕事中の夫にLINEで「PMSがつらいので夕飯を作ってほしい」と伝えました。

すると、何も文句を言わずに「いいよ」という返事が来たのです! そして、仕事から帰宅した夫は、さっそく夕飯の準備を始めました。ひとり暮らしを経験した夫は野菜炒めとご飯、お味噌汁まで作ってくれて、私は感動してしまいました。

食事後、「ごはんを作ってくれて、こんなにやさしくしてくれるなんて、感動した!」と伝えると、「別に普通でしょ」と何てことないことのように言われました。

もちろん最初から夫がこのような対応だったわけではありません。このようなことを夫に頼めば「怠けている、自分も疲れているのに」と思われるだろうと、夫のさまざまな言動を見て感じていましたし、今回のように食事の用意を夫に頼むことはほぼありません。

しかし、結婚して3年間、PMSでの体調不良に関して理解されなかったり衝突が起きたりしたとき、じっくり話をしてきたことで少しずつお互いに理解を深めていけたのではないかと感じました。

体調を崩したときは、SOSを出して断られる側も、急にSOSを出される側もつらいことがあると思います。そのためには、つらいことが起きる可能性については元気なときに伝えることが大事だなと学びました。一度話しただけで理解し合えなくても、少しずつ少しずつ近付いていって今回のようなことに繋がっていくのかもしれないと思いました。

著者/cantabile_039c
監修/助産師REIKO
イラスト/ののぱ

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる