1. トップ
  2. おでかけ
  3. 1万円で日帰り熱海旅!コスパ最強おすすめ熱海日帰りプランはこれだ

1万円で日帰り熱海旅!コスパ最強おすすめ熱海日帰りプランはこれだ

  • 2022.3.4
  • 27442 views

長期休みを使ってどこかにいきたいと考えている人は多いのではないでしょうか。時間と日程とお金と全てをバランスよく考えないといけず、なかなか行けず・・・なんてことも。そんな方たちに向けた1万円でできる熱海の最強日帰りプランを提案したいと思います。(※なお情報は記事掲載・更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

新幹線お出かけきっぷを知ってますか?

新幹線お出かけきっぷとは、東海道新幹線の自由席が利用できる往復タイプの割引きっぷです。2人以上の利用で、東京・品川から小田原・熱海への往復で利用できる自由席タイプのきっぷとなっているので、都内から熱海方面に旅行する方はとてもお得にいけちゃうんです。

このきっぷはJRの駅窓口などで買うことができます。割引率は25~30%で、利用当日まで購入できます。普通の指定席で購入するよりも安くいけるのはとてもありがたいですよね。今回はこのきっぷを持って熱海旅行をスタートさせたいと思います。

11:00 熱海駅に到着したら手湯へ

熱海駅に到着!東京駅からは2時間の旅、着いたら最初に楽しみたいのは熱海駅前にある珍しい手湯です。熱海駅前の「平和通り商店街」の終わりに足湯「福福の湯」があり、お地蔵様が優しい顔で出迎えてくれます。

ここではお地蔵様にお湯をかけることで夢を叶えることが出来るといわれています。お願い事をぜひしてみてくださいね。早々に普段は行うことが珍しい手湯につかることで、熱海に来たという実感が湧いて更にわくわくしてしまいますね。

詳細情報

源泉 福福の湯

12:00 昼ご飯に海鮮丼を食べよう

お腹が空いては元気が出ません。ここでお昼ご飯にしましょう。熱海駅から徒歩およそ2分ところにある「おさかな丼屋」。新鮮な海鮮がふんだんに盛り付けられた海鮮丼が人気なお店です。海鮮が名物の熱海で食べる海鮮丼は気分が上がってしまいますね。

一番人気は「海鮮てっぺん丼」です。日替わりのお魚が300g使われていて今にも溢れそうな量の海鮮をいただくことができます。最後はお茶漬けにしていただくこともでき、2回楽しめるのがポイントで、思わずにやけてしまうほどの美味しさです。

詳細情報

熱海駅前・おさかな丼屋

13:30 アカオハーブ&ローズガーデン

お腹いっぱいになったら、「アカオハーブ&ローズガーデン」に行って目から癒されにいきましょう。ここはバラとハーブに囲まれた12個の庭がある熱海の観光スポットの一つです。とても広いのでゆっくり散歩をしながらリフレッシュすることができまず。季節によって展示されている花がことなるのもポイントです。

ここには「COEDA HOUSE」という木組みのおしゃれなカフェが併設されているんです。窓際の席からは海を見下ろすことができるので、散歩から疲れた時に利用するのがおすすめです。バラの紅茶を飲みながら、広い海を眺めて心をリフレッシュしましょう。

詳細情報

アカオハーブ&ローズガーデン

COEDA HOUSE

15:00 「秀花園 湯の花膳」で温泉に入ろう

散歩した後は、いよいよ温泉!熱海の海が一望できる温泉がある「秀花園 湯の花膳」がおすすめです。パノラマで熱海の絶景を温泉から、日帰りで堪能することができちゃいます。露天風呂以外にも、壺風呂など変わり種の浴槽があるのもおすすめのポイントの一つ。

天気がいい日は青空の下の熱海を見ることができますし、冬で少し早めに日が沈む日は熱海の夜景を堪能することができます。こちらはタオルやシャンプーの貸し出しを無料でしているので、日帰りにもってこいです。温泉に使って日頃のストレスを流して行きましょう。

詳細情報

熱海温泉 秀花園 湯の花膳

17:30 ラスカ熱海でお土産さがし

温泉でゆっくりできた後は帰るだけですが、その前に熱海の思い出を持って帰りましょ。熱海駅に隣接している「ラスカ熱海」というショッピングセンターでお土産を探します。ここでは熱海ならでは老舗のお菓子屋さんやお漬物屋さんがあるのでお土産にぴったりなものが多く揃っています。

熱海だけでなく伊豆や静岡限定のお土産などもあるので、見ているだけで楽しいです。試食をして、自分のお気に入りのお菓子や漬物を持って帰りましょう。またここではカフェや休憩処もあるので、新幹線に乗る前に人休憩したい時に利用するのもおすすめです。

詳細情報

ラスカ熱海

18:30 熱海駅に戻ろう

これで熱海の日帰りプランがおしまいになります。日頃の疲れやストレスを忘れさせてくれるスポットをいくつかご紹介していきました。時間に余裕がある方は思い切って日帰りではなく、温泉宿に一泊してみてはいかがでしょうか?

帰りも同じように2時間程度で帰ることができます。20時過ぎごろに都内に戻ることができちゃうので、次の日に何か予定があっても安心ですね。帰るまでが旅行というので、気をつけて帰ってくださいね。

熱海は手軽にいける

いかがでしたか。新幹線代と現地で使う分合わせて1万円あれば十分楽しむことができてしまうんです。これなら宿の予約やたくさんお金をためて・・・なんてこともせずに。手軽に旅行にいくことができます。ぜひ旅の参考にしてみてください。(※なお情報は記事掲載・更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

元記事で読む
の記事をもっとみる