1. トップ
  2. レシピ
  3. \ローソンスイーツを食レポ♪/トップノートはラムの香りも華やかに、ラストノートはバニラの甘さ

\ローソンスイーツを食レポ♪/トップノートはラムの香りも華やかに、ラストノートはバニラの甘さ

  • 2022.2.27
  • 3928 views

洋菓子の本場と言えばやっぱりフランス。

フランスの焼き菓子の一つに、サヴァランというものがあります。

これは紅茶味や洋酒風味のシロップを染み込ませたブリオッシュ。

さらにクリームや果物などで飾り付けられています。

その名はフランスの有名な食通、ブリア=サヴァランにちなんだもの。

よく似たお菓子が、イタリアではババと呼ばれて親しまれています。

ローソン「サバラン風カップケーキ」

今回ご紹介するのはローソンから発売された、サヴァラン風のお菓子。

「サバラン風カップケーキ」です。

カスタードを重ね、ラム酒を染み込ませた生地。

トッピングのバニラクリームには、ブルボンバニラを使用しています。

まずは原材料を見ていきましょう。

最初に記載されているのは意外にもカスタードクリーム。

メレンゲミックスは生地のベースと思われます。

続いて乳等を主要原料とする食品。

クリーム、バニラペーストなどと合わせ、バニラクリームの原料となっています。

洋酒が使われている旨、注意書きも。

たっぷり絞られたバニラクリームには、渦巻くようなオフホワイト。

バニラシードの黒点もたっぷり混ぜ込まれていて、高い薫りを放っています。

その下にはカスタードの層、そしてカップの半分を占めるのはしっとりスポンジ層。

口に入れた瞬間、華やかなラムの香りが一気に広がります。

じゅわり甘いシロップをたっぷり吸った、粗目のスポンジ。

まろやかなカスタードとミルキーなクリームがとろりとそれを包み込んでいきます。

そして最後にふわり、甘くバニラの香り漂うおしゃれな大人のスイーツでした。

ラムに始まりバニラで終わる

見た目はどちらかというと地味な感じのこのスイーツ。

その真価は香りにあります。

口に入れた瞬間花開く、ラムの香りのあでやかなこと。

シロップをたっぷり含んだスポンジの甘さ、カスタードのまろやかさは言うまでもなし。

そして最後を締めくくる、バニラの甘く芳醇な香りには唸らされました。

気になったらぜひ、体験してみてくださいね!

元記事で読む
の記事をもっとみる