1. トップ
  2. ファッション
  3. パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】

パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】

  • 2022.2.27
  • 1155 views

いつだってコーディネートのお手本にしたいのは、シンプルだけど、エレガントでお洒落なムードを漂わせるパリジェンヌのスタイル。一見カジュアルなアイテムも、パリのエスプリを効かせることで、上品なスタイルに仕上がります。そんな今週の着まわしアイテムは「スウェット」。定番のZIPパーカー、真っ赤な色合いがアクセントのトレーナー、上品に着こなしたいパンツ……それぞれのシルエットを活かしたスタイリングを紹介していきます。

 

パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】
出典 FUDGE.jp
パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】
出典 FUDGE.jp

難易度高めの組み合わせは小物が重要

今日はスウェット+スウェットの組み合わせ。なかなか上級者の組み合わせですが、カジュアルになりすぎないためにも、小物やシューズできちんと感をプラスするのが大切です。首もとにはパリジェンヌ気分でスカーフをくるっと巻いて、柄をチラ見せ。耳もとにはパールのピアスでエレガントなムードを添えて。ホワイト、薄いブルー、ベージュと全体のトーンが淡い色味でまとまっているので、シューズは革靴を合わせて、コーディネートの引き締め役として。

 

-SELECT FROM MIX&MATCH ITEMS-

パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】
出典 FUDGE.jp
01.コート¥132000/STUDIO NICHOLSON(インコントロ)

オーバーサイズのシルエットが特徴的なダブルのコート。撥水加工されたコットンナイロンの生地を使用しているので、雨の日でも使いやすい一枚。共地のベルト付きで、キュッと縛って着るのも◎。

 

パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】
出典 FUDGE.jp
03.パーカ¥¥24200/SUICOKE(オージーストア)

《スイコック》で初となるスウェットシリーズ。重量感のあるギュッと目の詰まった肉厚コットンを使用したタフな素材感が魅力。薄い水色のカラーリングがきれいめな雰囲気にまとまります。

 

パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】
出典 FUDGE.jp
02.スウェットパンツ¥35200/BARENA(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)

生地や生産も全てヴェネチア・メイドにこだわり続けるブランド《バレナ》。スウェットパンツにも関わらず、フロント部に配された大きなポケットや、カジュアルすぎないたたずまいが上品に履きこなせる一本。

 

パールピアス¥20900/CADEAUX(カドー伊勢丹新宿店 本館1F)
スカーフ¥13200/manipuri(マニプリ)
シューズ¥69300/Paraboot(パラブーツ青山店)

 

パリジェンヌ気分でスカーフを巻いて。スウェットコーデを上品に仕上げる【“スウェット”ガールの着まわし7days-SATURDAY】
出典 FUDGE.jp

 

【お問い合わせ先】

インコントロ tel:03-6805-1082

オージーストア tel:03-6456-4422

パラブーツ青山店 tel:03-5766-668

フラッパーズ tel:03-5456-6866

ルック ブティック事業部 tel:03-6439-1647

 

photograph_Kojima Yohei(model),Horikoshi Miki(still)

styling_Kitagawa Saori

hair&make-up_Ohgimoto Naoyuki

model_Noemie

edit&text_Ogura Fumika, Takehara Shizuka

 

元記事で読む
の記事をもっとみる