デザインオフィス「nendo」展覧会、「nendo 3/3」開催へ

東京・表参道のGYRE内にあるアートギャラリー「EYE OF GYRE」で、佐藤オオキ氏が代表を務めるデザインオフィス「nendo」の展覧会「nendo 3/3」が開催される。

今回の展覧会は3部構成で、いずれも「モノとその周辺との関係性」から生まれたデザインがテーマ。ギャラリー空間が細かい部屋に分かれていることを逆に生かし、展示作品に合わせるだけでなく、それぞれ異なる切り口によって空間の特徴を引き出している。

「作品」「空間」「時間」という3つの要素を意識した展覧会は、3部連続的に見ることで1つのメッセージを感じられるため、 タイトルは「nendo 3/3」となった。

各構成は以下のとおり。

■ 1/3 ヒト モノ スキマ

会期:9月11日~10月4日

日本各地の職人の技術から着想したデザインを16点展示。人の手によってでしか生まれることができない微細な表情の違いを強調するために、全ての作品を黒一色に統一。2015年ミラノ万博のクールジャパン・デザインギャラリーで開催された「colourful shadows」の巡回展。幅250mmの細長い展示台が来場者を誘導しながら部屋同士を柔らかく繋ぐ会場構成に。

■2/3 ヘヤ モノ スキマ

会期:10月6日~10月28日[※10/5閉場]

空間の「キワ」から派生した小さなテーブルのコレクション「edge tables」の初披露。個別に考えられた家具を空間に配置するのではなく、空間から家具を考えることでその両者のスキマを埋めていく試み。ギャラリーの複雑な空間を目の当たりにし、それを生かすことを考えた結果として生まれたデザイン。

■3/3 モノ モノ スキマ

会期:10月30日~11月22日[※10月29日閉場]

2015年のロンドン・デザイン・フェスティバルで発表した、モノのスキマに別のモノを隠してしまう「nest shelf」を中心に、モノのスキマに機能を与えた「scissors」「press lamp」、モノのスキマから生まれた造形の「overflow」、ひとつのモノを細かく分類することで見えてくるスキマを考える「rain bottle」など、モノとモノの関係性に着目してデザインされた12の作品を展示。

海外でも評価が高く、世界的なデザイン賞の数々を受賞しているデザインオフィス「nendo」の最新の活動と未来のヴィションを体感できるチャンスなので、見逃さないで!

■展覧会概要

・「nendo 3/3」

会期:2015年9月11日(金)~11月22日(日)[3部構成]

・nendo 1/3:9月11日(金)~10月4日(日)

・nendo 2/3:10月6日(火)~10月28日(水)※10/5(月)閉場

・nendo 3/3:10月30日(金)~11月22日(日)※10月29日(木)閉場

会場:EYE OF GYRE/GYRE 3F

東京都渋谷区神宮前5-10-1

TEl:03-3498-6990

■関連情報

・nendo 公式HP:http://www.nendo.jp

・GYRE 公式HP:http://gyre-omotesando.com

元記事を読む
提供元: MODE PRESSの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。