元カレが同じ職場の女性と親密に! 社内恋愛を引きずらせないための心のセルフケア

別れた相手を忘れられない人は少なくありません。でも、その未練が魅力を損ね、幸せになるチャンスを損なわせてしまうこともあるのです。コラムニスト・ひかりさんが、"未練愛"に悩む女性にアドバイスします。

元カレが同じ職場の女性と親密に! 社内恋愛を引きずらせないための心のセルフケア

(c)Piotr Marcinski - Fotolia.com

■社内恋愛から破局した彼と同じ職場の女性が…(Sさん)

同じ職場の年上の人と付き合っていました。でも、忙しさのあまり、私の態度が相手の機嫌を悪くさせるような振る舞いをしてしまっていたようで、半年もたたないうちに彼の気持ちがなくなってしまいました。

別れてから彼は同じ職場の女性と親密になり、お揃いのブレスレットやカップ、近い距離感など、関係を確信する要素が多く、苦しくなります。自分がこんなにも未練たらしい女だとは知りませんでした。

相手を愛しているなら、二人を祝福し、支えてあげられるような器の大きさを持たなくちゃいけないなぁとは思いますが、彼が辛そうなときは隣にいたいし、何気ない会話をして笑い合いたいし、私が幸せにしてあげたいという気持ちが消えません。どうしたらいいでしょうか?

■Sさんへの回答

「相手を支えてあげたい」と「相手に必要とされたい」は、違いますよ? 「相手を支えてあげたい」は愛情ですが、「相手に必要とされたい」は自己愛であり、依存です。もしSさんが、「自分が幸せにしなければ意味がない」と思うのであれば、後者でしょう。

ただ、現実的に別れたばかりで傷も癒えないうちから、相手の幸せを願えるような人は、相当人間ができた人であり、一般的にそこまでできないのは仕方がありません。だからこそ、まずは「相手への執着を消す」ところから始めてみてはどうでしょうか?

基本、別れた恋人への執着を消すためにすべきことは、「相手と関わらない」ことです。ただし、今回は、同じ職場の相手なので、顔を見ないでいることは難しいと思います。

だから、よくあるパターンで言えば、失恋をきっかけに自分の人生を見つめ直し、転職してキャリアアップ目指す人は少なくないのです。ただ、「さすがに転職までは…」と思う人は、心が落ち着くまで他のことで気を紛らわすことは大事でしょうね。

でも、そんなときにやりがちなのが、無理に新たな恋を探そうとすること。下手に他の人と恋愛しようとすると、「元カレの方がよかった」とむしろ未練が強くなってしまうこともあるので、恋愛以外でワクワクするものを探してみた方がいいかもしれません。

■自分の機嫌は自分でとるように!

それからもう1点。Sさんは、付き合っている時に、自分のイライラが原因で相手に不愉快な思いをさせてしまったようですが、ある程度大人になったら、自分の機嫌は自分でとれるようにならなくてはいけません。

Sさんの今の人生のテーマは、「精神的な自立をすること」でしょうね。それは、彼の関係うんぬん以前に、今後、いい恋愛をするためにもできていた方がいいでしょう。

さらに、本当の愛情が持てるようになるのも、精神的な自立ができてこそ、です。依存しがちな人は本当の意味で人を愛することは難しいのです。本当の愛は無償ですしね。

結局、恋愛も人間関係もシンプルなことを言ってしまえば、「相手が喜ぶ行動をとれる人は好かれるし、相手に不快感を与えたら嫌われる」ということ。だからこそ、自分がより魅力的になるしかないんですよね。

Sさんにとって魅力ある人というのは、別れた彼のことを未練タラタラに思い続けている人でしょうか? 違いますよね? そんな人よりも、「もう彼のことなんて、どうってこともないわ! 私は今、楽しいし!」と笑顔でいられる人の方が素敵ですよね。そんな前向きな人でいた方が、別れた彼だって惚れ直して戻ってくる可能性はゼロではありません。

狭い視野を持って彼に執着するよりも、自分を俯瞰し、成長させ、もっと素敵な恋愛ができる人になることを目指したいものですね。

▼あなたの恋のお悩み&エピソードを教えてください!

コラムニスト・ひかりの『恋愛お悩み相談』募集中

(コラムニスト・ひかり)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。