Netflix、日本でのサービスを開始

9月1日、Netflix創業者のリード・ヘイスティングスCEOが来日。また、Netflixオリジナル作品『センス8』で主演8人のうちの一人として登場した韓国出身の俳優ペ・ドゥナや、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』に出演したラヴァーン・コックス、ウゾ・アドゥバも登壇し、Netflix日本上陸を盛り上げた。

undefined

【関連記事】Netflix発、ケヴィン・スペイシー主演の『ハウス・オブ・カード』が、本格的なネット・ドラマ時代の幕開けを告げる

ヘイスティングス氏は、「1992年に初めて日本に来た。その時は今のようにスマホもないし英語の案内も少なかった。東京の地下鉄で迷ってしまったよ。だけど、日本語訛りの英語で私に声をかけてくれた少し年配の方がいた。その人のおかげで無事にたどり着けたよ。今思えば、その人の名前を聞いておけば良かった。私はその時まだ30歳だった」と、初めての来日のエピソードを語った。そして「今こうして日本でNetflixのサービスを開始することができて、本当に嬉しい。日本のみなさんにもぜひNetflixのサービスを体験してほしい」とPRした。

Netflixは、1997年に米国で設立。翌年にはDVDレンタルと販売のサービスサイトとして運営していた。その後、2003年に初の黒字化を達成し、2007年よりストリーミングサービスを導入。現在は世界50ヵ国以上で6500万人を超えるユーザーを抱える、世界最大のインターネット映像配信サービス企業となった。2013年にはオリジナルのTVシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』などを製作。これらの今ではエミー賞ノミネートの常連となった人気作をはじめ、新作も続々登場している。

1日は、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のラヴァーン・コックス、ウゾ・アドゥバ、『センス8』のペ・ドゥナのインタビュー取材が行われたほか、ヘイスティングスCEO、同社コミュニケーション担当最高責任者のジョナサン・フリードランド氏、日本法人Netflix株式会社のグレッグ・ピーターズ社長、大崎貴之副社長らによるメディアセッションも実施された。また夜からは国立新美術館にてジャパン・ローンチパーティが開催され、先日Netflixでの映像化が決まった「火花」の著者である又吉直樹も登壇し、日本でのサービスインを盛り上げた。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のラヴァーン・コックスとウゾ・アドゥバ、『センス8』のペ・ドゥナのインタビューについては追って掲載していくのでお楽しみに。(海外ドラマNAVI)

Photo:リード・ヘイスティングスCEO(右端)

元記事を読む
提供元: 海外ドラマナビの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。