秋がシーズン!?の抜け毛対策に効く厳選食材 ベスト!

海やプール、アウトドアはもちろん、日常生活の通勤時などでも夏に受けた髪への紫外線ダメージは相当なもの。さらに秋は行楽シーズンであり、スポーツも楽しめるので、外に出る機会もまだまだ多い季節です。また、秋は自然脱毛が多くなるため「抜け毛」の季節でもあるのはご存じですか? 秋の始まりにこそヘアケアが大事。そこでヘアケアに効果的とされる食べ物を紹介していきます。

ダブル効果を持つ納豆は髪の毛の味方

髪の毛の主成分はケラチンです。ケラチンとは、18種類のアミノ酸が集まってできたたんぱく質の総称。このケラチンを多く作り出し、髪の毛に栄養を行きわたらせることが髪にとってはとても大切です。
そのケラチンを体内で作り出すためには、食事から「たんぱく質」「ビタミンB群」「亜鉛」といった栄養素をとり入れることが必須といわれています。「抜け毛が多い…」と感じたら、それらの栄養素が不足しているかもしれません。
具体的には……
たんぱく質を多く含む食材…肉、魚、豆腐や納豆などの大豆製品など
ビタミンBを多く含む食材…豚肉、米、レバー、バナナ、ナッツ、ニラなど
亜鉛を多く含む食材…チーズ、煮干、大豆、など
豚肉とニラをいためていっしょに食べたり、おやつにはナッツを…といった具合に、意識して取り入れていきたいもの。
また大豆製品である納豆は、たんぱく質と亜鉛が両方含まれていて、かなり髪にとっていい食べ物。何より身近にあって手軽に食べられる食材ですから、髪の毛の味方ですね。
さらに秋が旬の牡蠣には亜鉛が多く含まれ、大きめなものであれば1日必要とされる約20mgの亜鉛が含まれているといわれています。秋ならではの食材は育毛促進の効果が期待できるのです。

同じカキでも「柿」は抜け毛に影響?

当然、頭皮や髪の毛によくない食事の仕方や食べ物を多くとっていれば、おのずと「抜け毛」は増えていく可能性も。たんぱく質がとれるとはいえ、肉中心の生活だったり、糖分やインスタント食品のとり過ぎには注意したいところ。
また、頭皮も皮膚なので、血流が悪くなると髪や毛根に影響を及ぼすこともあるため、体を冷やすような食べ物は極力避けたほうがよいそう。これからの時期、柿や梨がおいしい季節になりますが、食べ過ぎは控えましょう。
髪の毛にいい食材、よくない食材ともに紹介しましたが、とはいえ、とり過ぎ、とらなさ過ぎといったバランスの悪い食事は問題外。バランスよく取り入れることが大事ですよ。

FYTTE編集部

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。