抗酸化力がUP!サラダはドレッシングで食べた方が正解な理由

ヘルシーフードでお馴染みの「サラダ」。みなさん、どんな食べ方をしていますか? 油のカロリーを気にして、ドレッシング抜きやノンオイルドレッシングを使っている方も多いかも知れませんね。しかし実は、若返りのビタミンとも呼ばれる「ビタミンE」が豊富に含まれた、植物油を使ったドレッシングをかけたほうが、ビューティー効果が高まるって、知っていましたか?

■ドレッシングをかけて正解な理由3つ

●抗酸化力が持続!

キャベツやほうれん草に含まれる「ビタミンC」は、植物油に含まれるビタミンEと同じく強い抗酸化力を持つ栄養素です。

ビタミンEは、体内で活性酸素とくっついて自らを酸化させることで細胞のダメージを防ぐため、一度酸化してしまうと抗酸化力を失ってしまいます。しかしビタミンCは、その酸化したビタミンEを再生させる働きがあるため、一緒に摂ることで、抗酸化力の持続が期待できるのです。

●「β-カロテン」の吸収がUP!

にんじんやかぼちゃ、ブロッコリーなどに多く含まれている「β-カロテン」は、油と一緒に摂ることで体内への吸収率がUPすることが判っています。また、β-カロテンは体内で必要に応じて皮膚の健康維持をサポートする「ビタミンA」に変換する働きもあり、美肌のためにも◎

●「リコピン」の吸収がUP!

トマトに含まれるビューティー成分としてお馴染みのリコピン。こちらも、油と一緒に摂ることで吸収率がUPする成分です。ちなみにリコピンは、トマトだけでなく、ピーマン等にもたくさん含まれています。

■選ぶならこれ!ビタミンEの多い油3つ

(1)アーモンドオイル

ビタミンE含有率ナンバー1は、アーモンドオイル。また、悪玉コレステロールだけを減らす「オレイン酸」の含有量も高く、血液をサラサラにする効果も期待できます。

(2)アボカドオイル

ビタミンEだけでなく、ビタミンA、β-カロテン、ビタミンB群も含まれていて、総合的なカラダケアに◎。

(3)オリーブオイル

ポリフェノールやミネラルも豊富なオリーブオイルは、ヨーロッパでは「抗酸化作用で身体をまもってくれる食品」として認められているアンチエイジングオイルです。

良質な油は、ビタミンやポリフェノールの働きをサポートします。サラダにはオイルをかけて、おいしく食べてキレイを実践したいですね。

(岩田麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。